サマーウォーズのカズマの年齢や性別は?父親はなんという名前?

広告

2021年7月16日(金)細田守監督の最新映画「竜とそばかすの姫」が公開予定であることを、ご存知の方も待ち望んでいる方も多いと思います!

最新作公開の前に、これまでの細田監督作品の中でも高い評価を受け、また根強いファンが多く人気の高い作品の一つが「サマーウォーズ」(2009年)。この作品の中でも特に人気のある登場人物「カズマ」について調べてみようと思います!

サマーウォーズは既に見ているから内容を知っているという方も、この記事を読んでから改めて作品を見てみると、新しい発見があるかも知れませんよ♪

広告

サマーウォーズのカズマの年齢は?

サマーウォーズは、天才的な数学力を持ちながら、ちょっと内気な性格の主人公・小磯健二と憧れの高校の先輩・篠原夏希、そして夏希の個性的な家族らが力を合わせて、インターネット上の仮想空間”OZ”で大暴れしている謎のハッキングAI・ラブマシーンから、大混乱を引き起こした仮想世界と現実世界を助け出すというストーリーです。

そんな今作で、健二と並ぶもう一人の主人公とも言われ、「かわいい」「かっこいい」とファンも多いのがカズマこと池沢佳主馬です!

カズマは、夏希の又従妹で、中学1年生の13歳です!

サマーウォーズのカズマの性別は?

カズマは、とても中世的な外見と声ですが、性別は男の子です!

カズマの性別に悩む方が多いのは、きっと女優の谷村美月さんが声優を務められたからかも知れませんね。

変声期前の少年という設定ですが、華奢な見た目と声が相まって、性別はどっちなんだろう?と思われた方がいたのだと思います。

なお、カズマは一見根暗なオタク少年かと思いきや、実は格闘ネットゲームの世界的チャンピオンで、世界的な企業をスポンサーに持つスーパープレイヤーとしての顔も持っています!

サマーウォーズ うさぎの名前は?

サマーウォーズ うさぎの名前は「キングカズマ」です。

OZ内では、ウサギ型のアバター・格闘王キングカズマを使っていて、抜群の知名度と人気を誇っています。

また、カズマにはいじめを受けていた過去がありますが、強くなるために少林寺拳法を教わり、教えてくれた祖父の万助を「師匠」と仰いでいるというエピソードもあります。

現実世界では中世的な外見でありながら少林寺拳法もやっていて、格闘ゲームの世界ではチャンピオンであると、とても戦闘力が高く外見と中身のギャップもあり過ぎてしまって、カズマのことが気になってファンになってしまったという声もよく聞かれます。

父親は何という名前?

登場シーンは多くないですが、カズマの父親も出てきます!その名も「池沢佳主馬の父」です。どうやらはっきりとした名前はないようです。

OZとの混乱が終わった後に陣内家に到着したため、主要人物の一人という訳ではないようです。

広告

サマーウォーズカズマのかわいい名言集

よろしくお願いしまぁぁぁぁぁす!!

今作には、様々な名言があることをご存知ですか?

主人公・健二の「よろしくお願いしまぁぁぁぁぁす!!」という言葉を一度は耳にしたことがある人は大勢いいると思います。

健二が大量の計算式を暗算しなければならなくなり、最後の答えを打ち込む時に発した言葉ですが、地上波で今作が放映されると、Twitterにはこの言葉で溢れかえり、”お祭り状態”になります。

ほかにも、夏希の曾祖母である陣内栄の「諦めなさんな。諦めないことが肝心だよ」「まあ先ずは落ち着きなさい。人間、落ち着きが肝心だよ」等と言った言葉は、私個人としてはとても印象に残っています。

もちろん、ファンの多いカズマにも名言が残っているんですよ!そんなカズマのかわいさに注目した名言を、一挙ご紹介します!

「頼み方がダメ、もっと取引先にお願いするみたいな感じで」

健二が、納戸でパソコンをしていたカズマに対して「パソコン借りていい?」と聞いた後の返答です。この年齢の少年に不意打ちで言われると、とてもインパクトのあるものですよね。

社会人が取引先との間でどのような言い回しを使うのかを知っているかのような返答と見た目のキャップに、「かわいい」とキュンとしてしまう人も多かったはずです!

しまっていこう。

仮想空間OZで、ハッキングAI・ラブマシーンとの戦いの前にカズマが言った言葉です。大人でもなかなか急には出てこないこのフレーズ。13歳にして大人をまとめ上げるカズマのポテンシャルの高さを感じます!

邪魔をするなぁぁぁぁぁ!

こちらも仮想空間OZで、キングカズマとしてラブマシーンと戦っていた際に、防衛力が0になってしまった相手に対して、最後の一撃を食らわせるための気合から出てきた言葉です。健二の「よろしくお願いしまぁぁぁぁぁす!!」と言う魂の叫びから出た言葉と似ていますね。

こちらも、格闘ゲームのチャンピオンとしてのカズマの真剣さが分かる気迫のあるシーンで、カズマの「男らしさ」を感じる人もいるようです。

いずれのカズマの名言も、13歳という大人と少年の狭間の外見と、大人顔負けの考え方のギャップに、カズマのファンから「かわいい」と思われているのでしょうね!

まとめ

夏が近付くと見たくなる青春映画作品の一つでもある今作。もはや夏の風物詩の一つと言ってもいいかも知れません!サマーウォーズは、登場人物がとても個性的でそれぞれにファンがついているほど。今回はその中のカズマについて深堀りしてみましたが、一度今作を見てみると、すぐにお気に入りの登場人物が見つかるかも知れませんよ!

ところで、「竜とそばかすの姫」と「サマーウォーズ」には、インターネット上の仮想世界が舞台になっているという共通点もあるんです!細田監督は、インターネットの仮想世界を描くのが得意なのかも知れませんね。仮想世界が当たり前になってくるかも知れない未来が、細田監督の作品を見ると遠い世界の話じゃないかも・・・という気がしてきます。

また、細田監督の作品には「家族愛」がテーマにあるものが多いですが、例え仮想世界というものが身近になってきたとしても、最終的に家族を含め人との繋がりはどんな未来が来ても強いということを、細田監督からのメッセージとして私は受け取りました。

本格的な夏を迎える前に、そして「竜とそばかすの姫」公開前に、一度今作を見てみてはいかがでしょうか♪

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です