常田大希の祖父はカラーテレビ開発者!父・母・兄にクリエイティブな一族

常田大希(King Gnu)さんの祖父は国産初のカラーテレビ開発者だったそうです。この事は、常田大希さん自身が、インスタグラムストーリーに投稿した事で発覚したのですが、父・母・兄もクリエイティブな仕事をされているということで、クリエイティブな一族ということがわかったので祖父や家族について詳しく調べてみました。

常田大希の祖父はカラーテレビの開発者だった

常田大希さんといえば、 今、若者たちの熱狂を集め注目の音楽家です。King Gnu(キングヌー)やmillenniumparade(ミレニアムパレード)の作詞作曲を全て担うほどの鬼才です。

その、millennium paradeがNHKスペシャル 「2030 未来への分岐点」の テーマ音楽を制作されたということで、常田大希さんの長期密着ドキュメンタリー番組が放送されました。

ミレニアムパレードについては、こちらの記事でご紹介しています。>>ミレニアムパレードのメンバーボーカルは誰?

この、 ドキュメンタリー番組「常田大希 破壊と構築」 は、とても見応えのある内容で、鬼才を証明しました。視聴者からもこんなコメントが。

本放送を見て、常田さんの作る曲の世界観だったり、彼の基盤となっている価値観を知れた気がしてとても見応えのある番組でした。ぜひノーカット版を見たいです。

再再放送はいつでしょうか??? 録画してましたが間違って消去してしまいました!娘も楽しみにしてました。 再放送もしてくれていたのですね。気づいたら終わっていました。 是非、再再放送をお願いしたいです! 宜しくお願いします。

この方のように、「常田大希 破壊と構築」の録画を誤って削除してしまった方や見逃した方に朗報です!

U-NEXTで、ドキュメンタリー「常田大希 破壊と構築」の他にも、映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで、U-NEXTひとつで見放題です!まずは31日間の無料体験をお試ししてみてはいかがでしょうか?

まずは、31日間の無料体験を試す

実は、このドキュメンタリー番組の中で、ご家族を紹介される場面がありました。そして、この番組が放送された後に、常田大希さんのインスタグラムで、祖父の事をこう書かれていました。

『大昔カラーテレビ開発した時に頂いた紫綬褒章が床に雑に落ちていたんやけども』

えっ・・・?

常田大希さんのおじいちゃんって、カラーテレビ開発した人なの?!

と、驚いたところで、常田大希さんの祖父について調べてみました。

常田朝秀さんの画像

こちらが、常田大希さんの祖父常田朝秀さんと祖母の敏子さん。

大希さんと敏子さんのお鼻がそっくりではないですか!?輪郭は朝秀さんそっくり?!

THE MILLENNIUM PARADE (完全生産限定盤 CD+Blu-ray+カセット+グッズ) 常田大希 プレミア価格 予約商品 キャンセル不可
MEMO
紫綬褒章(しじゅほうしょう)とは
科学技術分野における発明・発見や、学術及びスポーツ・芸術文化分野における優れた業績を挙げた方に授与されるもの。

常田大希の祖父常田朝秀ってどんな人?

インスタグラムのストーリに余談として祖父がカラーテレビの開発者だったことが発覚されましたが、その書き込みに、

「誰か回収せんかい!雑すぎるのは常田の血筋か」

という、一文に笑ってしましたが、常田一族の性格が見え隠れしたこの一文で、さらに鬼才ファンの心を掴んだのではないでしょうか。

常田大希さんの祖父の名前は、常田朝秀さんです。

調べてみると常田朝秀さんのお名前が記載されている「時代を創った技術 国産初のカラーテレビ受像機の開発」 という資料がありました。

その一部の内容がこちら↓↓↓

世 界の トップメ ーカへの 第一歩 とな った この管 は,常 田朝秀氏 の手作 りの ようなもの であ った.常 田氏は ブラウ ン管 開発要員 の一員 と して中途採用 さ れ,生 涯 をブラ ウ ン管の 発展 に捧 げ, その成 果は毎 日工業技術賞,紫 綬褒章 の受賞])で 称え られた.自 身に厳 しく, 部下 に寛容で,そ の理念 はRCA特 許 か らの 脱却,独 自技 術の 開発 であ った. 同氏が精 魂を傾注 したブ ラ ックス トラ イ プ技 術は,1977年(昭 和52年)に ゼニス社 との特許係 争に勝 って世界 に 広ま り,そ の理念 が日の 目を見 るに至 った.


国産初のカラーテレビ受像機の開発

なんと、常田大希さんの祖父常田朝秀さんは、本当に日本で初めてカラーテレビを開発された方でした。決して疑っていたわけではないですが、常田大希さんがサラッと書いてるから・・・

ここで、気になったのがこの一行。

『 常田朝秀氏の手作のようなものであった』

ブラウン管開発要員の一員だったとはいえ、殆ど一人で手作りで仕上げたということですか?!

また、最近のブラウン管という資料がありました。こちらは、常田朝秀さんが作成された資料で、ブラウン管の開発現状を紹介した内容となっています。

読んでみると、難しくて意味がわかりませんが、読みやすい文章だということはわかります。笑

「東京芝浦電気株式会社 常田朝秀 」と記載されています。現在の「東芝(TOSHIBA)」で、国内初のカラーテレビを開発されたということでしょうか。

となると、今、私たちが普通にカラーテレビが見れているのは、常田大希さんのおじいちゃんのお陰ってことですね!!!

めちゃくちゃ凄い人やん!!!

常田朝秀の性格

自身に厳しく、部下に寛容

前述の資料にも書かれていますが、常田朝秀さん、常田大希さんのおじいちゃんの性格は、

「自分に厳しく、他人に優しく」

という性格だったようですね。

また、

「生涯をブラウン管の発展に捧げ・・・ 」

とも書かれていますが、この性格は常田大希さんにも重なる部分だなと感じました。

インスタグラムのストーリーには、

俺も負けないくらいやっべーものを作り出せるように人生賭けて頑張りますので引き続き皆様温かく見守っていただけると嬉しっす  感謝

常田大希は最近までテレビがなかった!兄はいまだに・・・

こんな偉大なおじいちゃんの孫、常田大希さんですが、最近まで自宅にテレビがなかったのです。

常田大希さんと仲良しの俳優綾野剛さんから、テレビをプレゼントされたことから発覚しました。

しかも、お兄さんの常田俊太郎さんは、いまだにテレビがないそうです。

常田家はクリエイティブな一族

常田大希さんのご家族を調べてみると、全員クリエイターでした。鬼才と言われる常田大希さんも、鬼才達の遺伝子をしっかりと受け継いでいたんですね。

常田大希の祖母は画家

常田大希さんの祖母の名前は「常田敏子」さん。 画家をされていたそうです。

HNKのインタビューでは、おばあちゃんの常田敏子さんが画家だったということも発覚したのですが、自分はおばあちゃんに似ているといわれていました。

とても、オシャレで可愛らしいおばあちゃんだったようです。常田大希さんは、おばあちゃんに一番似ていると言っていました。7年間、おばあちゃんと二人暮らしをしていたエピソードがあり、その内容は、こちらの記事に書かれています。>>常田大希おばあちゃんの話がエモい!

一緒によく、マクドナルドを食べていたらしく、コーラ好きでとても可愛らしいおばあちゃんだったようですね。

King Gnuのデビュー前にお亡くなりになられたということで、もし大希さんがデビューし、おじいちゃんが造ったテレビでその姿を見られたら・・・と思うと感慨深いですね。

常田大希の父親はロボットエンジニア ?

常田大希さんは、両親が「ピアノ弾き」だったと以前から色んなメディアでお話しされていましたが、NHKの番組内では、父親の詳しい仕事はお話しされていないです。

一部では、常田大希さんの父親の職業は「ロボットエンジニア」と噂されているようです。

噂に過ぎませんが、おじいちゃんが東京大学出身でエンジニアだったことから、「ロボットエンジニア」説はあながち間違いではないかもしれませんね。

常田大希の母親はピアノ講師

常田大希さんの母親の名前は「常田理恵」さん。ピアノの講師をされているようです。 2017年に「 伊那市立東春近小学校音楽専科講師」をされているという情報がありました。


常田理恵(ピアノ)

武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。
在学中、本多万里子氏よりドイツ音楽を、客員教授リディア・コズベック氏よりショパンとフランス音楽を学ぶ。卒業後は後進の指導にあたる傍ら、演奏活動を行う。

kayabukiclub

常田大希の兄常田俊太郎も東大出身

常田大希さんの兄の名前は「常田俊太郎」さんです。お兄さんも祖父と同じ、東京大学出身です。

現在は、アプリ開発の会社を経営されている社長さんで、バイオリン奏者でもあり、millenniumparade(ミレニアムパレード)のメンバーでもあります。

常田俊太郎さんについては、こちらの記事に詳しく書いています。>>常田大希の兄は東大出身で社長兼バイオリン奏者!弟とは対照的な性格⁈

まとめ

常田大希の祖父はカラーテレビ開発者でしたが、常田家を調べると凄い一族でした。

祖父→国内初カラーテレビ開発者
祖母→画家
父親→ロボットエンジニア?
母親→ピアノ講師
兄→エンジニア
弟→アーティスト

常田大希さんの活躍は、そのうち、おじいちゃんと同じ「紫綬褒章」を受賞する日は遠い未来ではなさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です