フワちゃんは頭がいい?英語ペラペラで中国語も話せるのはなぜ?

フワちゃん 頭いい

フワちゃんは頭良い?英語ペラペラで中国語も話せるというのは本当でしょうか?ブレイク真っ只中のフワちゃんですが、頭おかしいと思われる行動が、なぜか許せてしまい、笑いが取れるところが人気を呼んでいるのでしょうか。ユーチューバー芸人として活躍し、今や登録者数は約70万人(2020年8月調べ)。

英語ペラペラで会話している動画をアップしたり、留学したりと、頭おかしい行動とはギャップがあり過ぎ?!英語だけでなく中国語も話せるとか!トリリンガルのフワちゃんを調べてみました。

フワちゃんは頭良いって本当?!

英語ペラペラの理由

実は帰国子女だった

フワちゃんのYouTubeでも紹介されていますが、小学2年生から小学4年生までアメリカ、ロサンゼルスに住んでいたという帰国子女なんですね。

フワちゃんの父親は、アメリカの雑貨を扱う輸入雑貨店を経営しているそうです。

その仕事の関係でフワちゃん一家は、ロスに住んでいたのでしょうか。

お父さんは経営者として、成功されているんですね。

セブ島に留学もしていた

フワちゃんて、マジメで勉強熱心だなと思ったら、実はこれ、

案件です!!!!

ということで、お仕事の依頼があったということですね。

こんな仕事、断る理由はないですよね。

フワちゃんの英語力を動画で確認

フワちゃんは中国語も話せるトリリンガル?!

中国語を話せる理由

大学で中国哲学文学科を専攻していたから

フワちゃんが、25日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に出演。驚きの才能が明らかになった。

この日、国産のメープルシロップを採るため、長野県軽井沢へ。その途中、スキー場を訪れたフワちゃんは、たまたま遭遇した台湾からの観光客に「ニーハオ!」と話しかけると、「どこから来たの?」「わたしの爪可愛くない?」などと中国語で会話し始めたという。

このVTRを見ていたフットボールアワー後藤輝基は「すごいな!中国語もいけんの?」とびっくり。フワちゃんは「大学の学科、中国哲学文学科だった。すごくない? ギャップ萌えした?ヒロミさーん」とアピール。もともと彼女は帰国子女で英語も堪能であることは知られていたが、今回、英語と中国も話せるトリリンガルであることが分かり、スタジオは驚きに包まれていた。

msn.com

フワちゃんは、2016年に東洋大学文学部中国哲学文学科を卒業しています。

フワちゃんが大学を卒業したことを報告するSNS投稿ですが、センスがヤバいです。

この写真、後ろ姿でも個性丸出しですね。

4年生の時に1年間留年していることから、5年かかって卒業したとのことです。

元々は、中国に興味があったんですね。

世界で、多く使われている言語、第2位は中国語ですからね。

中国語を話せるとビジネスチャンスはたくさんありそうですね。ビジネスセンスは経営者として成功されている父親ゆずりでしょうか。

それにしても、中国語って発音が世界レベルで難しいです。

私は即、断念しました。。。

東洋大学文学部中国哲学文学科で学べること

〔文学部東洋思想文化学科 中国語・中国哲学文学コース〕教員養成に対する理念及び認定課程設置の趣旨等

文学部第1・2部東洋思想文化学科

中国語・中国哲学文学コース

・中学校教諭一種免許状(国語)

・高等学校教諭一種免許状(国語)

・高等学校教諭一種免許状(書道)

日本は、古来からの大陸文化、すなわち中国を中心としたアジアの文化の影響を色濃く残しています。つまり、漢字文化圏の中で日本独特の「文化」を築き上げながら、同時に諸外国の特質を上手に組み込み、日本の「文化」として継承してきているのです。

しかし、昨今の国語科教育では、残念なことに、この大陸文化との関わりや、現在の我々の生活の中に厳然として存在(残存)している中国及びアジア諸地域の文学・文化・思想の類に対して、十分な指導を行うことのできる教師が不足していると言わざるを得ません。そこで、本学科では、「漢字教育」「漢文訓読教育」を重視し、「漢文文献」を縦横に活用することにより、東アジアの広範な地域にまたがる文学・文化・思想等々について、広く深い知識力・理解力・洞察力を兼ね備えた人材を育成することを目的としたカリキュラムを作成し、教員養成に努めることといたしました。

また、日本文化の一翼を担う書道を、「中国の文字や言語に対する芸術的価値観」を継承したものとして位置付け、単に書道実技能力の修得だけに重点を置くのではなく、その手本として存在する中国の古典籍・碑文・刻文等に関する知識を身につけるためのカリキュラムも整え、教員養成に努めることといたしました。本学科の特徴あるカリキュラムにより、国際感覚豊かにして、東洋及び日本の文化やその伝統についての広い知識と深い理解を有する卒業生が、教員として、時代を担う若者の育成に当たることは、日本の将来にとって大変有意義なことであると考えています。

東洋大学

中国哲学文学科で調べて見ると、教員免許が取れるみたいですね。

フワちゃんの経歴には掲載されていないので、取っていないのでしょう。

フワちゃんが先生になったら、どんなクラスになるのか想像すると・・・

イジメのないクラスになりそうですね。

フワちゃんは頭良いのに頭おかしい?!

フワちゃんのことを調べたところ、頭良いし、好奇心旺盛な人。

でも、やってることは、頭おかしいのかもしれない・・・

これが、お笑い芸人として頭角を現しているのかもしれませんね。

フワちゃん頭良いまとめ

フワちゃんが、頭良い理由は、経営者として成功されている父親譲りと思われます。

ロサンゼルスに住んでいたことから、英語ペラペラということ。

大学で、中国哲学文学科を専攻していたことから中国語を話せるということです。

フワちゃんのYouTube『【逆ナン】1時間で外国人を何人オトせるのか?』

これも恐らく案件でしょうが、面白くてつい見てしまい、英語って適当で良いんだな、日本人が英語を喋れないのは、マジメすぎるゆえなのかと実感させられました。

これからも活躍に期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です