伊藤健太郎は昼顔の生徒役でドラマデビュー!もしもオーディションに落ちていたら

伊藤健太郎

2020年ブレイク俳優にランクインしている伊藤健太郎。 朝ドラ「スカーレット」で主人公の川原喜美子の息子の川原武志役に抜擢され人気に拍車がかかっています。 今、振り返ると彼はデビュー当時から凄い演技を見せていました。 その内容に迫ります。

伊藤健太郎は昼顔の生徒役でドラマデビュー!

芸能の仕事を始めるきっかっけになったのは、14歳のとき。

母親の知り合いからモデル事務所を紹介され、話だけ聞きに行くつもりだったのに 、聞いてみたら面白そうだったので、”やってみて楽しくなければ辞めればいいや”ぐらいの軽い気持ちで事務所に所属したそうです。

軽い気持ちで受けたオーディションが転機に

「お芝居のオーディションを受けてみないか」とモデルを始めたときと同じ感覚でまたまた誘楽しければいいかなと軽い気持ちで行ったそうです。

それがあの、蜷川幸雄さんの舞台のオーディション。

この時、何も準備をせず、オーディションに行ってしまい、落ちてくやしかったのもあり、役者をやってみたいと思うようになったのがきっかけとなったそう。

モデルデビュー後、オーディションに受かったのがドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)。

2014年17歳の時で俳優デビューを果たしました。

『昼顔』は上戸彩主演の不倫をテーマにしたドラマで、伊藤健太郎は高校生・木下啓太役でした。

伊藤健太郎の役は、不倫相手である高校教師(斎藤工)北野先生の教え子の役。

2人の不倫写真を撮って脅迫しようとしたり、先生の家にいきなり現われて険悪なムードにしたり、体当たりな演技を見せてくれました。

伊藤健太郎は昼顔のドラマオーディションに落ちたら留学の予定だった?

初のドラマ出演へのオーディションを受ける一方、アメリカへの語学留学という目標もあった伊藤健太郎。

昼顔のオーデションに落ちたら俳優の道を諦めていたそう。

でも、オーディションが進むにつれて、俳優業にどんどん気持ちが傾き、アメリカは『今はいいや』って諦めて」留学の目標は諦めて俳優業に絞っていったそうです。

昼顔で話題になった伊藤健太郎キスシーンの相手役は誰?

伊藤健太郎はドラマ「昼顔」で初めてキスシーンに挑戦。

挑発のキスシーンがヤバイとザワつき、「相手役の女優は誰?」と気になる方も多かったとか。

役柄は斉藤工さん演じる北野先生の教え子で相手役は田中日奈子さんでした。

伊藤健太郎のキスシーンは何話?動画は?

キスシーンは2話で、動画はこちら

演技とはいえ凄いですよね。

伊藤健太郎 まとめ

伊藤健太郎は不倫ドラマ「昼顔」で初ドラマデビューを果たし、このオーデションに落ちていたら俳優を諦めアメリカに留学をしていたかもしれなかったということです。

そんな過去もあり、現在は朝ドラ”スカーレット”に主人公の息子役に大抜擢され、2020年はドラマに映画に話題が絶えないことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です