浅草大正ロマン館カフェメニューやアクセスに駐車場徹底調査!

都内には多くの観光スポットがありますが、その中でも特に外国の方からの人気が高いのが浅草。そんな浅草に、新しく大正ロマンをテーマにしたテイクアウト専門のカフェがオープンしました。

この記事では、新しくオープンした浅草大正ロマン館カフェメニューやアクセス方法に駐車場法上などをご紹介します。

浅草大正ロマン館カフェメニュー

浅草の有名観光地・雷門から徒歩2分のところに、2021年9月17日(金)にオープンしたばかりの「浅草大正ロマン館カフェ」です。

大正ロマンの世界観を楽しむことが出来る同店では、昔懐かしいレトロな喫茶店のメニューをモチーフにしたスイーツを楽しむことが出来ます。

大正時代をリアルに知らない世代の方にも、どこか懐かしさや逆に新しさや発見がある浅草大正ロマン館カフェは、どのようなお店なのか気になります。

店内はイートインスペースのみで客席はなくテイクアウト専門店でありますが、SNSでは建物や店内もお洒落で可愛いと話題になっています。

それでは、大正ロマン館カフェにはどんなメニューがあるのか調べてみました。

<ハイカラクレープ>

浅草プリンア・ラ・モードクレープ950円
苺のショートケーキクレープ850円
縁日のチョコバナナクレープ850円
喫茶店のナポリタンクレープ850円

<レトロアイス/レトロソフト>

ビー玉フルーツポンチ700円
白玉みたらしソフトクリーム700円
トーキョーソフトクリーム550円

<ハイカラクリームソーダ>

めろん、いちご、そらいろ各600円

<ハイカラフロート>

珈琲フロート、コーラフロート各600円

※上記メニューは全て税込価格です。

大正時代がテーマのスイーツにも関わらず「映えるスイーツ」ばかりで、令和の時代にぴったりのまさに「ハイカラスイーツ」です。

喫茶店のナポリタンが手のひらで楽しむことが出来るのは、このお店だけかも知れませんね。

浅草大正ロマン館へのアクセス

次に、浅草大正ロマン館へはどのように行けばいいのか調べてみました。

電車を利用して行く場合のアクセス

電車を利用する場合の最寄り駅は、銀座線「浅草駅」で、お店は浅草駅から徒歩5分のところにあります。

雷門をくぐり、仲見世通りをひたすらまっすぐ進み、伝法院通りに着いたら右側に見えるのが浅草大正ロマン館です

一先ず浅草駅から雷門を目指して、仲見世通りをまっすぐ進めば、そこまで迷うことなくお店に着けると思いますよ。

バスで行く場合のアクセス

バスを利用される方は、都営バスに乗車し「浅草雷門」で降車します。

乗車するバスによって同じ「浅草雷門」でも、少し雷門から離れた場所にバス停があるかも知れませんが、「浅草雷門」で降りたら、近くに雷門はありますので、一先ず雷門を目指しましょう。

念のため浅草雷門で停車する都営バスもご紹介します。

・系統 草43 「足利市役所」または「千住倉庫前」~「浅草雷門」 降り場「浅草雷門」
・系統 S-1 「東京駅丸の内北口」~「都営両国駅前」 降り場「浅草雷門」
・系統 草24 「東大島駅前」または「亀戸駅前」~「浅草寿町」 降り場「浅草寿町」
・系統 東42乙 「南千住」~「秋葉原駅前」 降り場「浅草雷門」
・系統 草63 「池袋駅東口」~「浅草雷門」 降り場「浅草雷門」

ちなみに、浅草へは都営バスだけでなく水上バスでも行くことが出来ます。ルートは次の通りです。

水上バスルート

・浅草・お台場直通ラインで「豊洲」→「浅草」
・隅田川ラインで「浜離宮」→「浅草」または「日の出桟橋」→「浅草」

浅草で降りたら、先程と同じく雷門を目指して歩き、そのまま仲見世通りをまっすぐ進みましょう。

車を利用していく場合のアクセス

高速道路を利用される方は、高速道路出口首都高速6号向島線の駒形ICもしくは首都高速1号線上野IC及び入谷ICを出て雷門を目指します。また、一般道を利用される方は国道6号線「江戸通り」が便利です

ただ、浅草は日本有数の観光地であること、都心でもあるため慢性的に渋滞が生じやすく、特に土日祝日はどのシーズンでも非常に混雑しているので、公共交通機関を利用した方が予定通りに動けると思います。

浅草大正ロマン館の駐車場

残念ながら浅草大正ロマン館カフェには専用(提携)の駐車場を見つけることは出来ませんでした。従って、車を利用される方は最寄りの有料駐車場を利用することになると思います。

調べてみたところ、浅草大正ロマン館カフェの最寄りの駐車場に「タイムズ浅草第11駐車場」「三井のリパーク西浅草2丁目駐車場」がありました。どちらも駐車台数がとても少ないので、確実に停められる駐車場とは言い難いのですが、これらの駐車場を運よく利用することが出来れば浅草大正ロマン館カフェだけでなく周辺の観光もスムーズに出来ますね。

念のため、最寄りの有料駐車場もあわせてご紹介しておきます。

タイムズ浅草第11駐車場(東京都台東区浅草2-24、駐車台数6台)

 月曜日~金曜日土曜日、日曜日、祝日
最大料金(繰り返し適用)08:00-20:00 最大料金1600円
20:00-08:00 最大料金400円
08:00-20:00 最大料金2700円
20:00-08:00 最大料金400円
通常料金08:00-20:00 60分 550円
20:00-08:00 60分 110円
08:00-20:00 20分 330円
20:00-08:00 60分 110円

※上記料金は全て税込です。また、24時間入出庫可能です。

三井のリパーク西浅草2丁目駐車場(東京都台東区西浅草2丁目18-8、駐車台数8台)

 08:00~21:0021:00~08:00
全日25分/300円60分/100円

※最大料金(繰り返し適用)は、全日入庫後24時間以内1,800円です。なお、料金は全て税込金額で、24時間入出庫可能です。

空車の駐車場を探すのは難しいかも知れませんが、他にも都内には探せば有料駐車場はたくさんありますので、動きやすい場所に駐車場を見つけて浅草大正ロマン館へ行ってみてくださいね。

浅草大正ロマン館の口コミ評判

浅草大正ロマン館がオープンして半月が経つので、既にお出掛けされた方もいらっしゃると思います。ここではSNSでの情報を基に、口コミや評判をご紹介していきます。

まだ口コミ自体は少ないですが、それでも行かれた方々は満足されている口コミが多い印象でした。

また、これから行ってみたいと思っている方も大勢いらっしゃいました。

懐かしくも可愛いスイーツもありますし、大正ロマンと浅草の街のレトロな雰囲気は相性抜群だと思いますので、秋のお出掛けによさそうですね。

浅草大正ロマン館概要

浅草大正ロマン館情報

所在地:東京都台東区浅草2-2-4

アクセス:銀座線浅草駅徒歩5分、雷門徒歩2分

営業時間:10:00~18:30(L.O.18:00)

※金曜日のみソフトクリームは17:00まで。

定休日:年中無休

浅草大正ロマン館 まとめ

鬼滅の刃の影響もあってか、個人的には「大正ロマン」が最近盛り上がっている気がしています。

浅草大正ロマン館は、カフェの隣には和雑貨を販売する「大正ロマン館弐番館」があり、2021年内にはカフェの上に着物のレンタル店がオープン予定で、ますます賑やかになりそうですね。大正ロマンのお洒落で可愛い着物をレンタルして浅草散歩が出来ればとても楽しそうです。

大正ロマン館は建物の外観も素敵なので、フォトスポットとしても楽しめるお店だと思います。お近くに行かれる予定のある方は、美味しくて可愛いスイーツと大正ロマンの世界観を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です