富士急ハイランドの持ち物リスト!雨の日やデート時などあると良い物まとめ

広告

遊園地と言えば富士急ハイランドが人気ですね。アトラクションが有名でジェットコースターやお化け屋敷でスリルを味わって思いきり騒いだら気分もスッキリ!

この記事では人気のスポット「富士急ハイランド」を存分に楽しむためにあると便利な持ち物や雨の日のデートにあると良いものなどを紹介します。

広告

富士急ハイランドの持ち物リスト!

楽しみにしている旅行は準備をしている時からワクワクしますよね。

富士急ハイランドではたくさんのアトラクションに乗ったり歩き回ったりするので

なるべく持ち物は必要最低限でコンパクトにしたいですよね。

斜めかけのショルダーバックや両手が自由になるリュックがおススメです。

オールシーズンマストな持ち物

スマホ

事前購入したオンラインチケットを提示するため一番大事です。
富士急内ではsuicaが使えるお店があるので、スマホさえあればなんとかなります。

財布

現金派にはお財布は大事です。中にはATMもありますが、クレジットカードも使えるので現金持ち忘れた場合でも大丈夫です。

チケット売り場窓口及び一部飲食施設・売店でクレジットカードが使えます。

クレジットカードの利用可能店舗(出札及び券売機)
  • 第一入園口第二入園口
  • チケット売り場
  • 園内アトラクション券売機(FUJIYAMA、ド・ドドンパ、高飛車、ええじゃないか、戦慄迷宮)

VISA、MasterCardのみ。
※8月1日より”PayPay”が利用可能となる予定。

ハンカチ・テッシュ

今はトイレのハンドドライヤーが使用できないので、ハンカチは必須ですね。

常備薬

急な体調の急変に必要です。楽しめないのは一番つらいですね。

>>富士急ハイランドの服装は?スカートはやめた方が良い?アクセサリーはだめ?

富士急ハイランド雨の時の持ち物リスト

富士急ハイランドは季節や天候によって持っていくと便利な持ち物が異なります。

出発前に天気予報をチェックするのは忘れずにしましょう。

雨でがっかりしなくても大丈夫です。雨の日でも持ち物をしっかり用意しておくと、パーク内は十分に楽しめます!

雨の日にあると便利な持ち物

ロングタオル

とっさの雨で塗れた時に拭いたり、アトラクションが濡れてる時にも便利です

フェイスタオルやフード付きバスタオルは園内ショップでも購入できます。

折りたたみ傘

かばんに入るならできればあるといいですね。傘は邪魔にはなるけれど、実際の雨の時は傘に助けられます。

濡れた物を入れるコンビニ袋

塗れたタオルや服など持ち帰るときにあると便利です。

レインコート(カッパ)

傘をアトラクションに乗るときは傘よりレインコートですね。
着終わったあとの片付けがちょっと手間ですが、これもあると便利です。

レインコートは園内全ショップで売ってます。

広告

富士急ハイランドデート時あると良い持ち物リスト

次はデートの時のおすすめ持ち物です。「気が利くなぁ」と思われたいですよね。
あまり大荷物にならない程度に揃えたいですね。

ウェットティシュ

外で飲んだり、食べたりするときにサッと手拭きを出したり、テーブルを拭いたりすると便利です。
清潔感のある印象を持たれますね。

レジャーシート

疲れた時にちょっと座ったり、パレードを見るときに便利です。
小さめシートで二人で寄り添って座ったら距離感縮まりますね。

モバイルバッテリー

チケットに買い物に写真にとスマホは必須。
充電が少なくなると写真が撮れなかったり、せっかくのデートなのに気分が下がりますよね。
持っていると気が利くアイテムです。

富士急ハイランド夏にあると良い持ち物リスト

季節や天気によって持っていきたい持ち物が違います。
夏は身軽かと思いきや、熱中症対策など以外に必要なものが多いんです。

飲み物

炎天下の園内を回るには飲み物はマストです。園内でも購入できますが、飲みたい時に意外とすぐに自動販売機が見つからなかったりしますよね。

自宅から水筒を持って行くと良いですね。

忘れた場合は、入園前に1本ペットボトルを持って行くのもおすすめです。

日傘

荷物になりそうですが、富士急ハイランドは日差しが強いのであって困ることはないです。
急な雨にも対応できる晴雨兼用のものがおススメです。

汗拭きシート

汗はかきます。少しでも汗とにおい対策のために汗拭きシートあると便利です。

広告

富士急ハイランド冬のあると良い持ち物リスト

富士急ハイランドは富士山の麓で標高高めの場所にあるので、冬はとにかく寒いです。
その分空いているので、寒さ対策万全にして思う存分に楽しみたいですね。

ホッカイロ

貼るホッカイロがおススメです。
ほかにポケットも入れて、予備もあったほうがいいです。

手袋

アトラクションに乗るときは、帽子やマフラーを外さないといけないので
手袋は唯一の防寒具になるので、忘れずに持って行くといいです

まとめ

富士急ハイランドは、富士山麓標高830mの高冷地にあるので冬は日中でも平均気温5℃以下でとにかく寒いです。

夏は比較的涼しいですが、日陰がないので日差しが強い。また山なので天気も変わりやすいです。

季節な天候に合わせて事前準備をしっかりして、日本最大級の遊園地で思いきり楽しみたいですね。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です