神戸ポートミュージアムのアクセスや駐車場を徹底リサーチ!

2021年10月29日(金)に開業予定の「神戸ポートミュージアム」。新たな神戸のランドマークになりそうな複合文化施設は、開業前から注目を集めています。

今回は新しい観光スポット「神戸ポートミュージアム」のアクセス方法などをご紹介していきます。

神戸ポートミュージアムへのアクセスを調査!

開港150年を過ぎた神戸港では、今様々な場所で再開発が行われていて、まさに新しく生まれ変わろうとしています。そんな新たな魅力溢れる神戸港で、間もなく開業予定の複合文化施設が「神戸ポートミュージアム」です。

神戸ポートミュージアムは「新港突堤西地区」という場所にありますが、地名だけ聞いても近くに何があるのか少し分かりづらいかも知れません。ということで、どの交通機関を使って行くことが出来るのかアクセス方法を調べてみました。

電車を利用して遊びに行く場合のアクセス

公式ホームページによると、電車を利用される方は、各線「三宮駅」降車後南へ徒歩約18分、もしくは各線「元町駅」降車後南へ徒歩約15分と記載されています

この記載だと少し分かりづらいかも知れないですね。調べてみたところ、三宮駅を利用される方は、旧居留地オリエンタルホテルや市立博物館を目指して海の方角へ歩いていくと、神戸ポートミュージアムに着きます。

ただ、大人の男性が徒歩で行く場合は記載通りの時間で到着することも可能だと思いますが、小さな子供では15分前後で到着するというのは正直なところ難しいと思います。私も何度かゆっくり歩いたことがありますが、子供のペースに合わせて歩いていたという点と、時間を気にせず歩いていたため30分弱はかかってしまいました。

駅から徒歩で行く場合は、神戸のきれいな街並みを感じることが出来るのでオススメではありますが、駅からは結構な距離を歩かなければいけないので雨の日等は少し大変かも知れません。

バスで遊びに行く場合のアクセス

バスを利用する場合は、新姫バス「三宮駅前」よりポートループもしくはポートアイランド方面行き「新港町」を下車すると、すぐに神戸ポートミュージアムに到着します

ポートループ神戸の都心~ウォーターフロントエリアを走行するバスで、運賃が大人210円、子供110円と利用しやすい料金なので、神戸ポートミュージアム以外のウォーターフロントエリアの観光スポットへ行く時にもオススメです。

また、電車で三宮駅で降車後ポートループを利用すれば、天気が悪い日でも神戸ポートミュージアムへ行きやすいですよ。

車で遊びに行く場合のアクセス

車を利用して行かれる方は、阪神高速3号神戸線「京橋出入口」から約1分、もしくはハーバーハイウェイ「新港ランプ」から約1分で到着します

神戸ポートミュージアムの駐車場

普段車をよく使われる方は、やはり神戸ポートミュージアムへも車で行った方が楽だと思います。しかし、車を利用して行くとなると一番悩ましいのが駐車場ですよね。

調べてみたところ、神戸ポートミュージアムには残念ながら専用(提携)の駐車場はありませんでした。その代わりに、最寄りに有料駐車場であるタイムズ神戸新港町がありますので、そちらを利用するのが一番スムーズだと思います。

駐車場の料金

タイムズ神戸新港町の駐車場料金は次の通りとなっています。

 月曜日~金曜日土曜日、日曜日、祝日
最大料金(繰り返し適用)駐車後24時間 最大料金700円駐車後24時間 最大料金1,200円
通常料金0:00~0:00 30分 220円0:00~0:00 30分 220円

※上記料金は税込みの金額です。

もっと安い駐車場は探せば見つけることが出来るかも知れませんが、約400台の車が駐車可能な上、地図で見る限り神戸ポートミュージアムにも近い所にあるので、こちらの駐車場を利用すればスムーズに遊ぶことが出来ると思います。

駐車場の時間

タイムズ神戸新港町は、24時間入出庫可能です。

神戸ポートミュージアムや周辺の観光スポットで少し遅くまで楽しんでも、駐車場の時間を気にする必要はないので、安心して停められますね。

神戸ポートミュージアムの概要

名称:神戸ポートミュージアム

所在地:兵庫県神戸市中央区新港町7番2号

神戸ポートミュージアムは、1階にフードホール(TOOTH MART FOODMART&NIGHTFES)とブライダルデスク(VOYAGE KOBE)、2階~4階に劇場型アクアリウム「átao」が入っている複合文化施設で、神戸のウォーターフロントエリアの新たなランドマークとして期待されています。

まとめ

神戸ポートミュージアム周辺には、ハーバーランド、メリケンパーク、南京町、旧居留地など、神戸で人気の観光スポットが近くにたくさんあるので、神戸ポートミュージアムに行けば、神戸の街を思う存分楽しむことが出来ると思います。

電車や車を利用して神戸ポートミュージアムに行くのももちろんいいのですが、私の個人的なオススメはポートループに乗車して行く方法です。ポートループは連結バスであるため通常のバスよりも車体が長く、見た目もお洒落な神戸の街にぴったりな、とてもシックでクールなデザインのバスです。乗り物に興味のある小さなお子さんは、絶対喜ばれると思いますよ。神戸のウォーターフロントエリア~三宮間で運行される特別なバスなので、是非神戸観光の際には利用してみてくださいね。

神戸には多くの魅力的な場所がありますので、あまり神戸に馴染みがないという方にも、この神戸ポートミュージアムが神戸を知る入口になってくれればいいなと思います。神戸の新たな観光スポット「神戸ポートミュージアム」の開業が、今からとても待ち遠しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です