キングヌー(King Gnu)常田大希の読み方やミュージックステーションでの可愛い一面

常田大希

トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル・バンド「King Gnu(キング ヌー)」のボーカル、ギターを務める常田大希さん。 King Gnuのみならず、音楽家集団「millennium parade(ミレニアムパレード)」のメンバー兼プロデューサーでもあり肩書が、日本の音楽家、作曲家、作詞家、編曲家、プロデューサー、ギタリスト、チェリスト、芸術家・・・と多彩な方です。

そんな常田大希の読み方やご出身やミュージックステーションの出演時のエピソードなどをご紹介!

キングヌー(King Gnu)常田大希の読み方は?

キングヌー(King Gnu)のイケメンこと、「常田大希」。オシャレで天才!この人のことを掘れば掘るほど、褒め言葉しか出て来ないくらい完璧な人間です。

でも、常田大希のことを知らない人はまず、名前の読み方すら分からないと思いますのでご説明いたします。

読み方は「つねた だいき」。漢字をそのまま読むと「つねだ たいき」と読んでしまう人もいると思います。

漢字で入力した際、「常田大希」と一度では出てきませんよね。

その場合は、「つねたたいき」と入力すると出てきますよ!

因みに、 キングヌー(King Gnu) メンバーの「井口理」さんは「いぐちさとる」とよむのですが、「いぐちり」と入力すれば一度でます。

ご参考までに。

キングヌー(King Gnu)常田大希はどこ出身?

常田大希さんは、長野県伊那市のご出身です。長野県に常田性が多いのか気になりますね。

因みに、キングヌー(King Gnu)のメンバーの井口理さんも同じ長野県伊那市出身でお二人は幼なじみです。

名字、常田の読み方は

つねだ,つねた,じょうだ,ときた,ときだ,とこだ 」と複数読み方がありますが、King Gnu(キングヌー)の常田さんは 2番目の“ つねた ” さんです。

常田という名字の由来を調べてみました。

【名字の由来】

現長野県である信濃国小県郡常田庄が起源(ルーツ)である、滋野氏海野氏流。現山梨県である甲斐にみられる。

常田さんの多い地域 TOP5

都道府県別

都道府県 人数
長野県おおそ930人
東京およそ750人
神奈川県およそ430人
青森県 およそ360人
北海道 およそ300人

市区町村別

市区町村 人数
青森県青森市およそ310人
長野県長野市 およそ260人
長野県松本市 およそ150人
長野県飯山市 およそ130人
福井県三方上中郡若狭町 およそ110人

都道府県別で名字「常田」さんは断トツ1位ですね!

市町村別でみると、青森県青森市というのが意外でした。

常田大希さんのご出身の長野県伊那市では「およそ10人」とかなり少ないことに驚きました。

ちなみに、井口さんもあまりいない名字なので調べてみました。

キングヌー(King Gnu)常田大希がミュージックステーションで話題に

キングヌー(King Gnu) といえば、ミュージックステーションの初登場から色々と話題になっています。

キングヌー(King Gnu) 常田大希のあくびが話題

まず、メンバー常田大希さんのミュージックステーションで槇原敬之さんが歌っているとき、後ろに キングヌー(King Gnu) が映り込み、

井口理さんがノリノリで歌っている隣で、常田大希さんがあくびをしていました。

このことでSNSで、大炎上しました。

でも、この映像をみてこんな感想も・・・・

常田大希さんは、睡眠時間を削ってクリエイティブに取り組んでいます。

King Gnu の作詞作曲、全ての楽曲は一人で制作しているのです。

そりゃ、マッキー(槇原敬之)の歌声が心地よかったのか、眠くなりますよね。

常田大希の人間らしい一面が見れて良かったのではないかと思います。

私も、可愛いと思っちゃいました。

キングヌー(King Gnu) 井口理の階段降りが話題

井口理さんはミュージックステーションの初登場で、爪痕を残そうと意気込んで階段を降りたら、幸か不幸か、見事にトレンド入りをしました。

本人曰く、爪痕は残せたが、今後もずっと言われ続けていることに対して、「勘弁して欲しい、ハードルが上がりすぎて階段恐怖症になっている」と笑いながら話していました。

その時の映像がこちら

確かに、階段の降り方で革命を起こしたかもしれませんね。

キングヌー(King Gnu)常田大希という人物のまとめ

キングヌー(King Gnu)常田大希(つねたたいき)という人間は多彩で可愛くてとても魅力的な人です。今後もどんな楽曲が出てくるか楽しみでなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です