藤井風

藤井風の歌詞が岡山弁でカッコいい!天才的な音楽センスとルーツとは

藤井風さんが歌う歌詞が岡山弁丸出しでカッコ良くて、お洒落でめちゃくちゃ良いんです。耳心地が良くてリピートして何度も聴いてしまいます。

藤井風さんの独特の味が出ている「岡山弁」での歌詞や、天才的な音楽センスとルーツを探ってみました。

藤井風の歌詞が岡山弁でカッコいい!

藤井風さんの始まりは、YouTubeでした。YouTubeが生んだポップスターで記憶に新しいのはジャスティンビーバーではないでしょうか。最近では日本でも、YouTubeからスターが現れる時代になりました。

その中でも、藤井風というアーティストが気になってしかたない!

藤井風さんは、ピアノカヴァーを投稿し、その実力が世に知られるようになり、どのカヴァー曲も、オリジナルのエッセンスを取り入れながら、自分の音楽にしてしまうという才能が本当にすごいです。

その中でも、やはり、本人が書き下ろしたオリジナルソングがまた素晴らしいんです。

驚くことに歌詞が自身の方言の、岡山弁で書かれています。

一人称は「ワシ」。

標準語でいうと、「どうしてなにも聞いてくれなかったの?」というフレーズが

「なんでなんも聞いてくれんかったん?」となり、

「あの時の涙は何だったの?」が、

「あの時の涙は何じゃったん?」という歌詞に仕上がっています。

最初聞いた時、「ん?いま、何て言った?」となり、聞き間違えじゃないかと、

より、耳をすませて聴き入ってしまいました。

方言の歌詞といえば?

歌詞が方言で書かれることは非常に稀(まれ)だと思います。

藤井風さんの岡山弁の歌詞を聴きながら、

パッと思い浮かんだのが、

やしきたかじんさんの『やっぱ好きやねん』でした。

この歌は、関西弁で書かれていますが、

「やっぱすっきゃねん♪」

以外は、ほとんど関西弁はいと思います。

また、吉幾三さんの『俺ら東京さ行ぐだ』も

青森の方言で書かれた曲で思いつくのではないでしょうか。

そこへ、彼は岡山県出身なので、岡山弁で作られたが『何なんw』という歌です。

不思議なのが、岡山弁だから田舎くさいなんて思う人は誰もいないだろうとなったところ。

むしろ、耳に残り聞いた後はなぜか、「何なん?」と

岡山弁がうつってしまうくらいです。笑

岡山弁で歌うことで、藤井風の人間性が垣間見え、好感が持てると感じました。

これが、新しい年号、令和の音楽なのかと感じさせられました。

藤井風の岡山弁の歌詞「何なんw」

何なん、この曲、カッコ良すぎるじゃないか!と思ったら、歌詞もカッコええじゃないか!

この『何なんw』の他にも、『もうええわ』という曲も岡山弁で歌詞が構成されています。

それぞれ、サビで印象的なメロディーにのせて「何なん」「もうええわ」と歌われているのだけれど、普段の暮らしの中で「何なん!」「もうええわ!」と感じる瞬間は多い。その度に彼の歌を口ずさんでしまう。

藤井風は天才的な音楽センス

父親が音楽の先生

藤井風さんの音楽の始まりは、3歳。

最初はピアノを弾く父親の膝の上に座って、音楽に触れるところから始まったそうです。

中学生の頃に、父親にYouTubeをするように進められ、最初は嫌々やっていたそうです。

藤井風さんがYouTubeを始めたきっかけは、子供の頃に、親に勧められて嫌々やる習い事のような始まりだったんですね。

藤井風のルーツとは

藤井風の『風』という名前は本名?

藤井風(ふじいかぜ)の『風』という名前、珍しいですよね。

こちら、本名でした。

藤井風のプロフィール

・1997年6月14日生まれ 23歳(2020年現在)

・岡山県の里庄町に生まれる。里庄町は、岡山県の南西部に位置する人口1万人ほどの小さな町

・身長181cm、B型、右利き

・4人兄弟の末っ子

姉二人と兄一人、四人兄弟の末っ子で藤井風以外の兄弟の名前もとてもユニークでした。

長女:陸

次女:海

長男:空

次男:風

自衛隊のような名前ですね。

藤井風の人気の理由

藤井風の魅力とは?

なんと言っても、「ワシ」という岡山弁。のんびりした話し方が癒される。

天才と言われる理由

歌によってキーをかえる。

リクエストをすると大体の曲が弾けて歌える凄さ。

楽譜はみず、耳コピをするという。3回くらい聴いて覚えるそうです。

藤井風の岡山弁歌詞まとめ

藤井風さんの、岡山弁の歌詞がダサいどころか、めちゃくちゃカッコいいですよね。

藤井風さんの岡山弁は、普通の会話で使われる、再現性の高いフレーズなのがまた、つい、口ずさんでしまいます。

それが、藤井風さんの魅力ではないでしょうか。今後がとても楽しみなアーティストの一人です。