重岡大毅のピアノ歴いつから?ごめんね青春や間違っちゃいない制作秘話

重岡大毅のピアノ歴いつから?ごめんね青春や間違っちゃいない制作秘話

ジャニーズWESTの重岡大毅さんのピアノがすごい!とファンの間でざわついています。「いつからピアノを習っていたの?」「ピアノ歴は何年?」「重岡大毅くんておぼっちゃまだったの?」と気になることばかり。

今回は、重岡大毅のピアノ歴いつから?ごめんね青春や間違っちゃいない制作秘話を探っていきます!

重岡大毅のピアノ歴いつから?

子供の頃からピアノを習っていたおぼっちゃま?!

重岡大毅さんは、子供の頃からピアノを習っていて、実は、おぼっちゃま育ちだったでしょうか?

ということで、ピアノを始めたきっかけを調べてると、

2014年10月から放送のドラマ「ごめんね青春」内で、ピアノを弾くシーンがあり、この時からピアノを練習し始めたとのことです。

2014年ということは、今が2020年なので6年前

重岡大毅さんが現在28歳なので、22歳の時ですね。

この練習方法が、独学だというからすごい!

それからピアノが好きになり、

最近では、雑誌「POTETO」で「ピアノとモノクロ」というコンセプトで表紙を飾っています。

この表紙、モノトーンで揃えてあり、めちゃくちゃカッコいいですね!

こちらがその表紙です。

ドラマ「ごめんね青春」とは

先生役は錦戸亮

ドラマ「ごめんね青春」は、宮藤官九郎さん脚本のコメディドラマで、2014年10月から12月までTBSの日曜劇場枠で放送されました。

主演は、元関ジャニ∞の錦戸亮さん。

その他、満島ひかりさん、永山絢斗さん、波瑠さんが出演されています。

重岡大毅の役は?

重岡大毅さんは、生徒の海老沢 ゆずる(えびさわ ゆずる)役で出演されていました。

重岡大毅さんといえば、演技が上手いということで高い評価を受けています。こちらも参考にしてみてください。

ごめんね青春での、演技はどうだったのでしょうか。

重岡大毅と錦戸亮のシーン

錦戸亮さんとのシーンがありました。先生、リアルに笑ってる?それとも演技?

生徒役の俳優がすごい!

生徒役には、重岡大毅さんの他にも、今、とても人気のある若手俳優さんが勢揃いでした。

生徒役森川葵
川栄李奈
トリンドル玲奈
黒島結菜
竜星涼
白洲迅
小関裕太
矢本悠馬
久松郁実

今、全員人気ですよね。

そしてこのシーン、良いですね♡6年前でも、今と全然変わらないですね。

みなさん、演技がお上手です。

重岡大毅がピアノを弾くシーン

このドラマでピアノを始めたきっかけになったということで、実際のシーンはどんな感じだったのでしょう。

歌い方のクセが強い?!

そのピアノを弾くシーンを探してみたらありました。

森川葵さん、トリンドル玲奈さん、川栄李奈さんと同じシーンでした。

かなり癖のある歌い方で、ピアノの伴奏がほとんど耳に入ってこないですが・・・

こちらです。

錦戸亮のキラッキラッの笑顔の源とは

重岡大毅さんから錦戸亮さんに聞いてみたいこと、ということで、質問に答えた錦戸亮さんの回答が100点でした。

「目の前で笑ってるお前がおるからじゃない?」

こんなん言われたら男女問わず、惚れてまうやろと思った瞬間です。

重岡大毅 「間違っちゃいない」制作秘話

重岡大毅さんが、作詞・作曲を手掛けたのが『間違っちゃいない』です。

この楽曲は、重岡大毅さん、神山智洋さん、濱田崇裕と3人のユニット曲として発表されました。

制作秘話

『間違っちゃいない』を制作したきっかけをこう話しています。

実は、この楽曲は重岡大毅さんが落ち込んでいるときに書いた曲ということ。

人は、誰でも落ち込む時がある。

悔しくて、寂しくて、たまらなくて、

みんなと一緒にいるんだけど、

馴染めなくて笑えない。

家族とか友達とか、大好きな人もいるけど、

一人ぼっちに感じてしまう時って、誰にでもあると思う。

そんな時に、「こういう歌があると良いな」と思って作った曲だそうです。

この楽曲は、歌詞も、曲も、本当に良いです。

辛いとき、悲しいとき、苦しいとき、この曲に助けられている人も多いと思います。

「間違っちゃいない」 3人バージョン

重岡大毅さん、神山智洋さん、濱田崇裕と3人のユニット。

重岡大毅さんは、6年前のドラマ出演がきっかけでピアノを始め、今では作詞作曲し、ピアノで伴奏ができるほど上達されていますね。

ドラマ『正しいロックバンドの作り方』の主題歌に

そして、「間違っちゃいない」が、2020年にジャーズWESTメンバー全員で歌うことに。7人バージョンとして、ドラマ『正しいロックバンドの作り方』の主題歌になりました。

このドラマは、ジャーズWESTメンバーの藤井流星さんと、神山智洋さんがW主演しています。

藤井流星さんは、「間違っちゃいない」が主題歌になるということで、コメントを寄せています。

歌詞がすごくストレートな応援歌で、「こんなにも 笑って いや 泣いて 忙しなく叫ぶ キミの心は 頑張っている証拠だよ」と言い切ってくれる歌詞が、歌っている自分自身も勇気づけられる様な楽曲です。聴いて頂ける皆さんにとってもこの曲が少しでも支えになれば嬉しいです。

ORICON MUSIC

「間違っちゃいない」 7人バージョン

3人バージョンも素敵ですけど、7人になるとさらに、ファンのみならず、色んな人の心により届く歌となっています。

作詞作曲した、重岡大毅さんの笑顔がとても素敵です。

この笑顔、保存版です。

ファンの評価

ファンの方は勿論のこと、ファンじゃない人にもちゃんと評価されているようですね。

まとめ

重岡大毅のピアノ歴は、子供の頃から習っていたわけではなく、6年前に出演したドラマ「ごめんね青春」がきっかけでした。

間違っちゃいないの制作秘話は、重岡大毅さんが、落ち込んでいる時に出来た楽曲でした。

演技も歌も上手いし、作詞作曲もでき、ピアノも弾ける。そして、面白い。

ファンの心を掴んで離さないでしょうね。

これからも、重岡大毅さんに注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です