ラスールカヌレ日持ちはどのくらい?メニューや種類の保存方法をご紹介!

フランスの伝統菓子「カヌレ」。最近はコンビニでも目にする機会が多くなり、日本でも馴染みのあるお菓子になってきましたよね。可愛くてお洒落な見た目は、SNS映えすることからもよく話題に上がってきます。

今回は、珍しいカヌレの専門店「ラ・スールカヌレ」の賞味期限(日持ち)やお菓子の種類(メニュー)などについてご紹介します。

ラ・スールカヌレ日持ち(賞味期限)はどのくらい?

ラ・スールのカヌレは色々な味を試してみたくて、あれもこれもとついついたくさん購入してしまいたくなりますよね。

それでは、購入したカヌレはどのくらい日持ちするのでしょうか。

調べてみたところ、冷凍では30日「オリジナルカヌレ」解凍後は冷蔵庫で3日「生カヌレ」解凍後冷蔵庫で2日が賞味期限として設定されていました。

解凍後すぐに食べ切れない場合は、冷蔵庫で保存して翌日か翌々日までには食べ切ってしまうようにしましょう。

ころんとした溝のついた可愛らしい見た目と、もちもちとした独特の食感も楽しいカヌレ。パティスリーやパン屋さんなどで度々見かけられるカヌレは、コンビニスイーツとしてラインナップされるようにもなりカヌレの専門店まで出来てしまう程、今や日本でも大人気のスイーツです。

カヌレ専門店「ラ・スール(LA SOEUR)」は、福岡県発祥で東京や大阪にも店舗が展開されています。フランスの定番の味はもちろんのこと、福岡県発祥のカヌレ専門店ということで、地元九州の素材を使用した様々なフレーバーのカヌレが作られています。

フランスの伝統菓子としてよく知られているシンプルなカヌレもいいのですが、見た目からも楽しめるのがラ・スールのカヌレの特徴で、フランスでも販売されていないようなこの可愛さは人気の理由の一つと言えます。

また、カップケーキくらいはありそうな大きめのカヌレは、ボリュームもあって満足感も十分です。

ラ・スールカヌレメニュー味の種類は?

ラ・スールのカヌレは、定番商品8種類と季節限定商品1種類の「オリジナルカヌレ」と、本場フランスの味を楽しむことが出来る生カヌレ」が店頭で販売されています。それでは、気になるメニューを見ていきましょう。

オリジナルカヌレ

スペシャリテラム(税込297円)

定番中の定番のカヌレ。ラム酒が香るのがカヌレの特徴でもありますが、スペシャリテラムは日本人向けにアレンジされていて、ラム酒はそこまで強くなくふわっと香る程度に抑えられているようですが、お酒が苦手な方は他のカヌレを試した方がいいかも知れません

外はカリッと、中はモチモチとした「これぞカヌレ」という食感も楽しめますので、先ずは外せない一品です。

アールグレイ(税込346円)

ラ・スールのカヌレは、フレーバーが生地にも織り込まれているのが特徴で、こちらのアールグレイにも紅茶の茶葉が織り込まれ、一口食べるとほんのりアールグレイの風味が広がります。

上にトッピングされたミルクキャラメル味のチョココーティングが、アールグレイと相性抜群です。

知覧茶(税込346円)

鹿児島県南九州市で栽培されている緑茶「知覧茶」です。

見た目は抹茶味かと思いきや、緑茶がふんだんに使われたカヌレは、甘さも控えめで上品な味わいです。

オレンジ(税込324円)

トッピングのオレンジジャムが特徴のカヌレ「オレンジ」

生地にはオレンジが織り込まれ、柑橘系が好きな方におすすめの甘酸っぱいカヌレです。

あまおう(税込360円)

いちご好きな方や、可愛いスイーツが好きな方が、一番最初に目に入るのがこちらの「あまおう」のカヌレではないでしょうか?

福岡県産のあまおうが贅沢に使われているカヌレは、甘酸っぱい生地と、甘いいちごのチョココーティングの組み合わせで、いちご好きにはたまらない一品です。

チョコレート(税込346円)

チョコレートがたっぷりと練りこまれた、ビターな味わいのカヌレ。

意外にも甘過ぎないので、甘いものが苦手な方でも美味しく食べられるカヌレです。

ラズベリー(税込346円)

こちらもパッと目を引く鮮やかな色合いが印象的なカヌレです。

ブルーベリー風味の生地とトッピングのブルーベリーが、食べた後にも爽やかな余韻を残してくれます。

フリュイ(税込380円)

人気No,1のスペシャリテラムに、ドライフルーツのいちじくがトッピングされたカヌレ。

カヌレのモチモチ食感とイチジクのプチプチ食感が合わさって、食べるのが楽しくなりそう。

ドライフルーツやナッツ、チョコレートが使われているというのは、ラ・スールのカヌレならではです。

生カヌレ

バニラ風味のカヌレの中にカスタードクリームがぎっしりと詰まった、冷やして食べるカヌレです。(4個入り税込1,674円※単品での販売はされていません。)

生地がもっちりとしていることで、外側のカリカリ食感もより際立っています。

クリームのふんわり・なめらかな食感と、カヌレの食感が合わさった新食感のカヌレになっています。

これから寒くなる季節に、暖かい部屋で冷たいカヌレを食べてゆっくりと時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

この他にも、月ごとに季節限定カヌレが販売されています。11月の限定カヌレを調べてみましたが、残念ながら現時点で見つけることが出来ませんでした

ちなみに、過去には次のような季節限定カヌレが販売されていましたので、参考までにご紹介します。

・かぼちゃのカヌレ(2021年10月)

・モンブランカヌレ(2021年9月)

・レモン生カヌレ(2021年8月)

・白胡麻カヌレ(2021年7月)など

他にも、店舗ごとに期間限定商品が販売されることもあるようですので、カヌレ好きの方だけでなくスイーツ好きの方も夢中になってしまうのが分かる気がします。

ラ・スールカヌレの保存方法は?

一般的にカヌレは焼き菓子であるため、すぐに腐ってしまうような食べ物ではありません

ラ・スールのカヌレも店頭で購入した場合、生カヌレはクリームが使われているため要冷蔵保存ですが、クリームが使われていないオリジナルカヌレに関しては常温で保存することが出来ます。

もちろん、常温保存が可能と言っても何日も日持ちする訳ではないので、常温保存の場合は直射日光を避けて3日を目安に召し上がることをおすすめします。

なお、もう少し長持ちさせるために冷凍庫で保存したい場合は、シップロック等の完全密閉される容器やチャック付きの袋に入れておけば、平均すると1ヶ月~2ヶ月は持つと言われています。

ですが、どの食材にも言えることですが、やはり長い期間冷凍庫で保存すると風味は落ちてしまいますので、美味しいうちに出来る限り早めに召し上がるようにしてください。

ラ・スールカヌレの口コミ評判

手土産にしたら確実に喜ばれます!

可愛いスイーツに目がない方が集まる場所へ持っていく手土産は、結構悩みますよね。

そんな何を持って行くべきか悩んでしまう方に、ラ・スールのカヌレは自信を持っておすすめ出来ます。

お取り寄せしてでも食べたくなるカヌレ!

ラ・スールのカヌレは、福岡県、東京都、大阪府の他に、各デパートなどの催事場で購入することが出来ます。

しかし、店舗数はやはり少なめです。そんな方には通販の利用がおすすめです。>>ラ・スールカヌレ通販お取り寄せ!値段や食べ方をご紹介!

通販では単品での購入をすることは出来ませんが、セット販売されているので食べ比べすることも出来ます。

また、生カヌレも通販で購入出来ますので、特に生カヌレを食べてみたいという方は、お取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ラスールカヌレ日持ちはどのくらい?をご紹介しました。

福岡県発祥のカヌレ専門店「ラ・スール」。地元九州のブランド食材を使用した「オリジナルカヌレ」の他にも、クリームがたっぷりと入った本場フランスの味が楽しめる「生カヌレ」。

毎月発売される季節限定のカヌレなど、見た目も可愛く選ぶ楽しさもあるカヌレです。

口コミ評判も高く、実際食べたことがある方々は満足されている方も多いので、カヌレが好きな方はもちろん、スイーツ好きな方にもおすすめのお店です。

ただ、店舗数は限られているので、お近くにお店がない方は通販でのお取り寄せがありますので、そちらも是非利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です