モニターライトはいらない?何の意味があるの?効果を調査!

在宅ワークが増えたことで、自宅でパソコン作業を行う人も増えていますが、そのような方に増えているお悩みが「目の疲れ」です。

そもそも、パソコン作業を行う際の目の疲れは、パソコンのモニターとキーボードや手元の明るさの差があることで生じる問題で、パソコン作業が長時間になればなるほど目の疲れはひどくなるといわれています。

モニターライトを設置する必要があるのか?設置したことでどれだけの効果があるのか?など、気になることやモニターライトのおすすめ商品は本文でご紹介します。

最近目の疲れが気になっていてモニターライトの購入を検討している方は参考にしてみてください。

モニターライトはいる?いらない?

モニターライトが必要なのかについては色々な意見があると思いますが、一度モニターライトを使ったことがある人は、その素晴らしさに「なぜもっと早く使わなかったの?!」と、感動してしまうほど「必要性」を感じている人が多数いました。

では、モニターライトとは一体どの様なものなのでしょうか?

モニターライトとは、「パソコンのモニターを照らすLEDライト」のことですが、

テレワークの普及もあり、自宅のデスクで仕事をするというのが日常になっている方も多く、同時に日々パソコン画面を長時間見ている人の中には『目の疲れ肩凝り』を感じやすくなっています。

日頃の目の疲れをサポートするためには、色々な対処法がありますが、その対処法の一つが「モニターライト」と言われています。

自宅でパソコン作業をする際、書斎や部屋がある場合はデスクライトを使って作業することが出来ますが、例えばパソコンをダイニングテーブル等の省スペースで使用している方は、その都度デスクライトを持ち運びする手間が省けるので、実は便利な商品と言えます。

とは言え、わざわざデスクライトやモニターライトを用意しなくてもパソコンの画面を見ることは出来るので、本当に必要なの?と思ってしまうかも知れませんが、パソコン作業による目の疲れに困っている方は一度試してみる価値ありだと思います!

モニターライトの意味

モニターライトの意味

実はパソコンの画面を長時間見続けることで生じる目の疲れは、パソコンの画面の明るさと手元のキーボードや書類の明るさの差があればある程、強く感じてしまいます。

そこで目の疲労を出来るだけ抑えてくれる役割をしてくれるのが、モニターライです。

実は、厚生労働省からも仕事をする際に体の負担を軽減するための作業環境のガイドラインが作成されていて、デスク周りの明るさについても次のような指摘がされています。

ディスプレイ画面の明るさ、書類及びキーボード面における明るさと周辺の明るさの差はなるべく小さくすること。

厚生労働省

このように、パソコンのモニターとキーボード周辺の明るさの差を小さくすることは作業環境としても薦められていることからも、モニターライトを使ってデスク周辺の明るさを均一にすることはとても意味のあることだと言えます

パソコンの使用が当たり前となった現代では、モニターライトを使って明るさの作業環境を整えることは、必要不可欠なのかも知れませんね。

モニターライトの効果とは

モニターライトの効果としては次のようなものが挙げられます。

目の負担を軽減することができる。

これが一番の効果と言えると思いますが、多くの人のモニターライトを購入するきっかけになるのが「目の疲労感」だと言われています。

部屋の電気やパソコンのモニターから発する光は、デスク周辺に多くの影が出来てしまいますが、人間の目は明るい所と暗い所が出来てしまうと疲れを感じやすくなるそうです。

その様な目の負担を軽減するために一役買ってくれるのが、モニターライトです。

モニターライトを使うことでモニターと手元の明るさがちょうどよくなり、目の負担を軽減することになり、さらには明るさを調整することで将来的に視力が悪くなるのを予防するとも言われています。

作業効率がUPする。

モニターライトをパソコン画面の上部につけると、これまで暗かった手元が明るく照らされパソコン画面と手元の明るさの差が格段に減ります。

モニターライトをつけることで手元もはっきり見えて集中力も上がり、結果的に作業効率が上がると言われています。

モニターライトのおすすめランキング

モニターライトと一言で言っても、数多くの商品が販売されていますが、実際にはどれを使えばよいのか分からないですよね。

それでは実際にどの商品が売れているのか、おすすめランキングをご紹介していきましょう。

第1位 BenQ ScreenBar Plus

モニターライトを調べていると、最初に目に入ってくるのが「BenQ」です。

設置は重りを装着したフックをモニターに乗せるだけなので、面倒な工具等は一切不要です。

また、手元のダイヤルで8種類色温度&14種類調光が可能なので、お好みの明るさを簡単に選ぶことが出来ます

価格は少々高めなので、購入するのは少し悩んでしまうかも知れませんが、その分スタイリッシュな見た目としっかりとした作りで機能面は申し分ない商品です。

ただし、ノートパソコンには設置することが出来ないためデスクトップパソコンで使うモニターライトをお探しの方におすすめです。

https://twitter.com/daichiblog/status/1488134091405164548

第2位 Quntisモニターライト 52cm

先程ご紹介したBenQのモニターライトと、デザインや機能が似ていると言われているのがこちらの商品です。

Quntisはノートパソコンに設置することが出来るので、ノートパソコンのモニターライトを探している方に人気なのがこちらの商品です。

しかも値段もお手頃なので、出来れば5,000円前後で購入したいと思っている方にはおすすめです。

調色は3段階、無段階設定の調光が可能な上にメモリー機能も付いているので、設定をいちいちする必要がなく記憶してくれるのもポイントです。

ただし、本体にスイッチがなくコードにスイッチが付いているので好みは分かれるかも知れません

https://twitter.com/4YIns/status/1430363314387775493

第3位 ATITI モニターライト 42cm

モニターの上部に引っ掛けるだけで簡単に設置することができ、コスパも抜群と言われているのがこちらの商品です。

白色光(6000K)、混合光(4000K)、暖色光(2900K)の三段階調色可能&無段階調光可能なので、お好みの明るさを簡単に調節しながら作業が出来ます

さらにタッチセンサー式のボタンで電源が入れられるので、軽い力で操作が簡単なのもおすすめのポイントです。

第4位 OOWOLF ScreenBar

お手頃価格でありながらしっかりとした機能をもつモニターライトをお探しの方には、こちらの商品もおすすめです。

こちらの最大の特徴は、バックライトが付いているのでモニターの裏側まで照らせること

モニターだけでなくデスク上の広範囲に光が照らされることで、より目の疲れが軽減されるのでデスクライトの代わりにも使いやすいですよ。

モニターは上に乗せるだけで簡単に設置することができ、フラットなモニターにも湾曲したモニターにも使うことが出来ます

第5位 LANGTU モニターライト

デスクトップとノートパソコンの両方で使えるモニターライトをお探しの方には、こちらの商品がいかがでしょうか?

重さ380gと軽量仕様でUSB給電可能なので外出先でも使える手軽さもありながら、三種類の照明モード(白色光、混合光、暖色光)と無段階調光が出来ます。

ただし、最大照度がもう少し明るい方が良いという口コミもあるので、明るさ重視で選びたい方には物足りなさを感じるかも知れません。

モニターライトはいらない?まとめ

デスクライトを置くスペースがない方に、パソコンの上に設置するだけでキーボードと手元を照らしてくれるモニターライト

モニターライトは必要なの?と思うかも知れませんが、在宅ワークが増えたことで自宅でパソコン作業する人も増えており、さらにパソコン作業を長時間することから目の疲れを訴える人の数も比例して増えているそうです。

モニターライトにはこのような目の負担を軽減してくれる効果もあり、また目の負担が軽減されることで集中力もアップし作業効率も上がるので、モニターライトが気になっている方は一度購入を真剣に検討してみる価値はあると思います

最近は多くのメーカーからモニターライトも販売されていて、値段もお手頃なものから少々値が張るものまで様々ですが、自分の用途を考えながら是非使いやすい商品を選んでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


9 − 3 =