夜に洗濯物を外に干すと虫が卵を?夜干し4つのデメリットまとめ

夜に洗濯物を外に干すと虫が卵を?夜干し4つのデメリットまとめ

洗濯物を夜、外に干すと虫が卵を産み付けるとは本当でしょうか?良くないとは聞きますが・・・仕事が忙しく、洗濯をするのがどうしても夜になってしまう人もいると思います。どうして夜に洗濯ものを干すと良くないのでしょうか?そのデメリットをまとめました。

洗濯物を夜に外干しすと夜露で乾かない

夜遅い仕事や昼間家事に追われ、洗濯が夜になってしまったなど、どうしても夜に洗濯をすることもあると思います。洗濯物を部屋に干すとジメジメするので、できれば外に干したい。

洗濯物を夜、外に干すことによるデメリットを調べてみると4つありました。

夜に洗濯物を外に干すデメリット①虫の卵?

「夜に、窓から灯りが漏れ、虫が付着しやすい」

「虫の卵がつくと聞いたことがある」

このような事を、耳にしたことはありませんか?

私も、結構夜に洗濯をして外に干すことがある人なので、実際に調べてみました。

その結果、夜に洗濯物を外に干すと虫が付着するというのは本当のようです。

卵を産むだけでなく、衣類を食べる「衣類害虫」というのが、外に干した洗濯物から部屋に進入してくることがあるそうです。

衣類を食べる害虫の代表は、「ヒメマルカツオブシムシ」と言って、白い花に蜜を吸いに行くことが多いことから、白い服に集まりやすい性質を持っているようです。

夜に洗濯物を外に干すデメリット②夜露で湿気

洗濯物が夜露で湿る。

夜露とは、空気中の水分が気温変化の過程で水滴として発生する自然現象。

夏の、昼夜の気温差が少ない時であれば、それほど発生はしませんが、夏から秋への季節の変わり目などで、気温差が著しい時は発生しやすいです。

なので、夜に外に洗濯物を干すと、朝取り込む時には朝露も発生している場合もあり、まだ濡れて乾いていないことがあります。

昼間に干した洗濯物を取り入れ忘れ、夜露で濡れてしまった人、結構いますよね。

あと、夜になっても洗濯物を取り込んでいないと、普通はご近所から「だらしのない人だ」というレッテルを張られるデメリットもあるかもしれませんね。

夜に洗濯物を外に干すデメリット③突然の雨

天気予報が外れ、夜に雨が降り、朝にはやんで良い天気ということもあります。

夜、洗濯物を干して寝ている間に雨が降り洗濯しなおしということに。

夜に洗濯物を外に干すデメリット④防犯面

特に女性の一人暮らしの場合、泥棒への合図になっていると言います。

泥棒は、洗濯物を夜に干してある家をよく狙うそうです。

怖いですね。。。

洗濯物を夜干すと子供が夜泣きするは本当?

子供が小さい頃、義母に「夜干したままにすると子供が夜泣きをする」と言われました。 昔の人の知恵で、夜露で洗濯物がしめっぽくなるということでしょうか…?

赤ちゃんが着る洋服や布おむつを夜外に干すと、夜露がつき、湿る→冷たい→夜泣きという考えから、昔はそう言われるとこもあったそうです。

まとめ

洗濯物を夜から外に干すのは良くない4つのデメリットは、

①衣類害虫が卵を産む。

②洗濯物が夜露や朝露で濡れて、乾き辛い。

③寝ている間に突然の雨で、洗濯物が濡れてしまう恐れがある。

④防犯上よくない(夜に洗濯物を干してある家は、空き巣や放火のターゲットにされやすいようです)。

特に、夜に洗濯物を外に干さない方が良い理由は、「夜露」とうことが一番の原因でしたね。

太陽には菌を殺す力もあるので、 出来ることなら、太陽の出ているうちに干したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です