米1キロは何合?炊いた後は何キロになる?カロリーや値段を調査!

お米

米1キロに注目して、重さやカロリー、スーパーでの値段等、気になることを調べてみました。

米1キロは約6.7合になり、1キロの米を炊くと2.2キロ~2.3キロになります。

また、カロリーは1キロで約3560キロカロリーと言われています。

一度に1キロの米を食べることはないと思いますが、1合の米は約534キロカロリーになるので、それなりにカロリーは高いと言えます。

スーパーでは1キロ当たり約500円~1000円で販売されていますが、お得に購入したい場合は2キロや5キロで購入するのがおすすめです。

春が近付きお弁当を作る機会も増えてくると思いますが、1キロの米がどれくらいの量かを知っておけば役立つこともあると思いますので、是非本文を参考にしてみてくださいね!

米1キロは何合になるの?

炊く前のお米1合が約150gなので、計算するとお米1キロ(1000g)は約6.7合になります。

お米1キロ=10合かと思いきや、実はそんなにないんですね。

そもそも「キログラム」は重さの単位で、「合」は体積の単位という違いがあるのですが、お米を購入する時は「キログラム」単位で購入することになるので、何となく購入している人も多いと思います。

でも、1キロで何合食べられるかを知っておけば、今後お米を購入する時に大体どれくらいで食べ切ることが出来るのかを考えることも出来るので、覚えておいて損はないと思います!

ご飯が大好きでお茶碗1杯で1合食べている方なら約6杯分小食な方で1合の半分が適量な方なら約12杯~13杯が食べられる量と言えます。

炊いた後は何キロになる?

1キロのお米を炊くと、炊いた後はおおよそ2.2キロ~2.3キロになると言われています。

ご飯を炊く際にはお水と一緒に炊きますが、ご飯が炊けた後はお米が水分を吸っているため炊きあがりのお米は2倍程に膨れ上がります

従って、お米1合は約150gですが炊いた後は約350gになります

なお、先程お米1キロは約6.7合になるとお伝えしましたが、炊いた後のお米1キロは2.9合(約3合)になります

米1キロのカロリーはどのくらい?

カロリー

米1キロのカロリーは約3560キロカロリーです。

1合(150g)で約534キロカロリーなので、それなりにカロリーは高めです。

水分量によって、若干数字は変わってくると思いますが、1合食べると500キロカロリーは簡単に摂取することが出来ます

ちなみに、1合はお茶碗約2杯分

お腹が空いている時や、おかずが美味しくてついついおかわりをしてしまった時等は、お米だけで500キロカロリーが摂れてしまうので、炭水化物を控えたいという方は1杯で止めておいた方がよいかも知れませんね。

米1キロのスーパーの値段は?

価格

米1キロ当たりのスーパーでの値段は、大体500円~1000円と言われています。

米はブランドによってピンキリなので、高級な米になるともう少し値段も高くなります

ただし、スーパーでは1キロ単位で販売されていることがそもそも少なく、2キロや5キロで販売されていることを目にする機会の方が多いと思います。

1キロで購入する場合よりも2キロや5キロで購入する場合の方がお得になることも多いので、出来る限りお得に購入したい場合は少し多めに購入した方がいいと思います

ちなみに、最近では無洗米を選んでいる方も多いと思いますが、一般的なスーパーでも高級銘柄を購入することが出来る白米と比較すると、無洗米の場合は購入しやすい価格帯のものも販売されているので、無洗米の方が安いのかな?と思われるかも知れません。

実際にはブランド米の無洗米はやはりそれなりの値段がしていますし、お得に米を購入したい場合は白米でも無洗米でも、味や量等を総合的に判断するとそこまで大きな差はないと言えますので、お好みで選んでみてくださいね。

米1キロは何リットル?何cc?

計量カップ

米1キロは、約1.2リットルです。

つまり、約1200ccになります。

米は1合=150g=180ml(180cc)と言われています。

米の重さと体積の変換方式の計算は覚えておくと便利な場面もありますので、上記の値を参考にしてみてくださいね。

ちなみに、1キロの計算式は次の通りです。

1ml当たりの米の密度(比重)=150÷180=0.83g/ml

1キロ=1000gなので、1000÷0.83=約1205ml=約1.2リットル

2リットルのペットボトルにお米を入れて保管している方もいると思いますが、1キロであれば余裕を持って入れることが出来ます

米1キロは何人分?

ご飯

米1キロは、約13人分になります。

米1合は茶碗約2杯分であるということと、米1キロは約6.7合とお伝えしましたが、茶碗で計算すると6.7×2=13.4杯分となるので、約13人分と言うことが出来ます

例えば、4人家族で毎日朝・夜ご飯に米を食べた場合は、2日目の夜ご飯には足りなくなってしまう量ですね

毎日米を食べている方にとってみると、米1キロは案外すぐに消費してしまう量であることが分かると思います

米1キロはおにぎりで何個出来る?

おにぎり

米1キロで約23個のおにぎりを作ることが出来ます

もちろん、作るおにぎりの大きさによって個数は前後すると思いますが、23個前後は作れるのではないかと思います。

コンビニで販売されているおにぎり1個の重さは、約100g~120gです。

計算式は次の通りです。

炊く前の米1合=6.7合

炊いた後の1合の米=約350g

6.7×350=2345g(炊いた後の重さ)

おにぎり1個=100gと計算すると、2345÷100=23.45

約23個のおにぎりが出来ます。

多少個数の前後はあると思いますが、2キロの米であれば23×2=46個、5キロの米であれば23×5=115個、というように計算することが出来ますので、今後大量におにぎりを作らなければいけない時の参考にしてみてみてくださいね

米1キロまとめ

米1キロを基に色々と調べてみましたが、意外と1キロって少ないと思われた方も多かったと思います。

家族で1キロの米を消費するのは、そんなに時間がかかることではなさそうですね

もちろん、個人によって食べる量の差はあるとは思いますが、毎日毎食米を食べている方にとってみると、1キロの米は意外とすぐになくなってしまいます。

スーパーでは1キロで米を買うと割高になってしまうこともありますので、たくさん食べるという方は、5キロや10キロの単位で購入した方がお得になると思います。

私たちの生活に欠かすことが出来ない米ですが、米1キロのカロリーや色々な単位を知っておくと、米を購入する際に無駄にすることなく欲しい米の量を購入することが出来るようになると思いますので、豆知識として是非参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


seventeen + fourteen =