加湿器掃除にハイターを使っても大丈夫?カビ退治と除菌効果はある?

広告

ハイターはキッチン周りの掃除をする際に大活躍してくれ、カビ退治や除菌効果に抜群なんです。そこで、「加湿器の掃除にも使えるのかな?」と思いついた人いませんか?実はそれ、危険なんです。今回は、加湿器掃除にハイターを使っても大丈夫?カビ退治と除菌効果はある?ご紹介します。

広告

加湿器掃除にハイターを使っても大丈夫なの?

結論から言うと、これは大変危険です。絶対にやらないでください!

理由は、

加湿器の除菌剤として販売されている商品に『次亜塩素酸水』がありますが、これはハイターなどの塩素系漂白剤である『次亜塩素酸ナトリウム』とは別物で、次亜塩素酸ナトリウムは、強いアルカリ性です。

「ハイター」や「キッチンハイター」は薄めた液(=希釈液)でもアルカリ性が強く、加湿器などで霧状に噴霧された希釈液を吸い込むと、咳き込んだり、呼吸器に異常をきたしたり、目に入ると失明のおそれまであります。また、機器の動作不良や故障の原因になる場合もあるのです。

一般的な塩素系漂白剤(ハイターなど)には『まぜるな危険』という表記がありますよね。

何が危険なのかというと、次亜塩素酸ナトリウム水溶液を『塩酸』や『酢』、『クエン酸』などの酸性の強い物質と一緒に使用すると、有毒な塩素ガスが大量に発生するからです。これは最悪の場合死に至る危険もあり、過去に死亡事故もたくさん起こっています。

また、強いアルカリ性であるため、肌に付着すると表面のタンパク質を分解してしまいます。

塩素系漂白剤が手に着くとヌルヌルしますよね?

あれは、肌表面を溶かしてしまっているからなのです。

結果、肌荒れなどのトラブルが起こってしまったり、ひどい時にはやけどのような症状がでることもあるそうです。

カビ退治と除菌効果はある?

ハイターはカビや除菌対策に有効ですが、加湿器の掃除には向きません。

加湿器掃除には何を使えばいいの?

加湿器には・スチーム式加湿器・超音波式加湿器・気化式加湿器・ハイブリッド式加湿器の4種類があります。それぞれ使用できるものが違います。

加湿器スチーム式のメリット・デメリット!加湿器選びのポイント

加湿器掃除におすすめ①オキシクリーン

共通して使えるものとして、酸素系粉末洗剤(漂白剤)、オキシクリーンがあります。オキシクリーンはハイターなどの塩素系より弱いため部品を傷めにくいので漬け置き洗いがおすすめです。つけ置き後は浮いてきた汚れを軽くスポンジや歯ブラシなどで洗い流しながらこすると簡単に汚れが落ちていきます。水垢汚れもピカピカになりますよ。

また気化式・スチーム式の加湿器にはクエン酸もおすすめです。クエン酸を溶かした水でこすったり浸け置きをしたりすると、簡単に水垢の汚れを落とすことができます。

加湿器掃除におすすめ②クエン酸

一方、超音波式・ハイブリッド式の加湿器は、クエン酸でお手入れすると超音波を発生させる素子の傷み・劣化の原因となる可能性がありますから使わないでください。

広告

加湿器掃除の頻度はどのくらい?

超音波式や気化式加湿器は出来れば毎日、少なくとも2、3日に一度は掃除しましょう。そして汚れにくいとされるスチーム式やハイブリッド式も、定期的なお手入れが必要です。

気化式、ハイブリッド式加湿器のフィルターとトレーを1ヶ月に1度は掃除をしましょう。

それと超音波式、気化式加湿器のタンクの除菌剤として次亜塩素酸水がありますが、これを使っているからといってお手入れ不要になるわけではありません。次亜塩素酸水の殺菌効力は長く持続しません。さらに紫外線に当たると分解され水に戻る作用があります。希釈することや、空気や有機物に触れることでも分解が進みます。次亜塩素酸水を使っているからと何日もお手入れせずに使用していると、殺菌効果はなくなり加湿器内に雑菌が繁殖しやすくなりますので注意してくださいね。

まとめ

加湿器掃除にハイターを使っても大丈夫?→危険なので絶対にやらないで!

カビ退治と除菌効果はある?→加湿器の掃除には向きません。

一時、コロナ禍でハイターの除菌力が大きくクローズ・アップされました。しかしハイターは万能ではありませんし、使い方を誤るととても危険で、加湿器掃除には使えないこということを、お分かり頂けたかと思います。

加湿器掃除には、オキシクリーンやクエン酸のように役立つものもありますが、一番大事なことはなんらかの薬剤を使うこと以上に、加湿器にあった頻度の掃除をまめに行うことなのです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です