二階堂ふみの歌は吹き替え?エールのオペラは上手いが昔は下手だった

広告

二階堂ふみさんが朝ドラ「エール」で歌うオペラは吹き替え?と思うほどに上手いと話題です。2020年のNHK紅白歌合戦の司会に抜擢され、さらに歌まで披露しさらに歌唱力の評価が高まりました。でも以前に、テレビ番組で歌っていた時には「二階堂ふみさんの歌下手すぎません?」と酷評だった記憶があります。調べてみました。

広告

二階堂ふみが歌うエールのオペラは吹き替え?

二階堂ふみの歌は上手い?

NHK朝の連続ドラマ小説「エール」のヒロインの古山(旧姓関内)音役を演じた二階堂ふみさん。オペラの歌声がすごく上手いと評価を得ているようですね。

私も、聞いた時「本人が歌ってる?吹き替え?」と疑うほど。

本当に本人が歌ってる?

あまりにも、上手い歌声に疑ってしまう程です。

このシーンを見る限りでは、二階堂ふみさんご本人が歌っているように見えますね。

実は、ボイストレーナーの先生に指導を受けて撮影中もトレーニングを続行いていたということです。

二階堂ふみの紅白歌合戦での歌声に絶賛

2020年大みそかの『第71回NHK紅白歌合戦』で紅組司会を務める二階堂ふみさんも歌声を披露されましました。

この年は、コロナ渦という事で史上初の無観客開催となり、「今こそ歌おう みんなでエール」という紅白のテーマはでNHKの朝の連続テレビ小説「エール」に絡めていたんですね。

紅白歌合戦総合司会の内村光良さんと白組司会の大泉洋さんも

「ふみちゃん、きれいだったわ~」「歌めちゃめちゃうまいね、素晴らしかった!」

と絶賛されていたました。

また、SNS上でも

「二階堂ふみめっちゃ歌上手いな!!」「紅白の二階堂ふみさん、歌も司会も上手で、堂々としていてすごい。。」

などと反響を呼び、二階堂ふみさんの歌唱力に誰もが驚きました。

広告

二階堂ふみが歌う動画で歌唱力を検証

二階堂ふみは昔は下手だった?

二階堂ふみさんの歌声は、この記憶です。歌が好きという事で女優がテレビで歌声を披露するということは相当なレベルであろうと、めちゃくちゃハードルを上げてのこの歌声でした。

この頃は上手いとは程遠いような・・・

この頃から比べると、かなりのトレーニングを積んでいるなと感じます。

プロというのは、こういう事ですね。素晴らしい!

まとめ

二階堂ふみさんが歌うオペラは吹き替えではなく、本人が歌っていました。昔は下手と酷評だった二階堂ふみさんですが、オペラが歌えるようになるとは、相当レッスンをされたそうです。

今後も、二階堂ふみさんが歌うシーンが楽しみですね。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です