平手友梨奈のてちの由来やデビューのきっかけの欅坂46を受けた理由

元欅坂46の平手友梨奈さんは「てち」という愛称で呼ばれています。

平手友梨奈さんの事を最近知った人は「なぜてち?」と思いますよね?てちの由来やデビューのきっかけとなった欅坂46のオーディションを受けた理由を調べてみました。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

平手友梨奈の「てち」というあだ名の由来と理由

平手友梨奈さんが欅坂46(現在の新名称は櫻坂<さくらざか>)46)に在籍中にメンバーが付けられたあだ名が『てち』ということです。

平手友梨奈さんのファンの方も『てち』と呼んでいるようです。

「てち」の由来は?

このように、呼び方が変化していったようですね。

ひらてちゃん → ひらてち → てち → てちこ

苗字の「ひらて」から、さらに短縮された「てち」が広まったらしくそこに「子」をつけた「てち子」が誕生しているようです。

あだ名の名付け親は誰?

平手友梨奈さんに「てち」と名付けたのは誰だったのでしょう?

調べてみると、同メンバーの齋藤冬優花さんが、名付け親と言われています。

きかっけは、齋藤冬優花さんが自らのブログで「平手ちゃん」の「ゃん」を省いた「ひらてち」を考案し、そこから「ひらてち」が広まるり、さらに短縮した「てち」が登場。

「ひらてち → てち 」

と可変していきました。

平手友梨奈も「てち」を気に入っている?

当時、平手友梨奈さんがMCを務めるラジオ番組や自身のブログで自分を「てち」と名乗るようになったことから、平手友梨奈さんはこのあだ名を気に入ってるようですね。

「何でてち?」と、気になるほど個性的で可愛いあだ名ですよね。

平手友梨奈のデビューのきっかけ

平手友梨奈さんのデビューのきっかけは、欅坂46のオーディションを受けたことがきかっけとなります。

その欅坂46のオーディションを受けた理由をインタビューで明かしていました。

私が欅坂46のオーディションを受けた時は中学2年生の14歳でした。アイドルになりたくて、という気持ちではなく、自分を変えたいと思って応募してみようかなという感じで受けました」と振り返った。欅坂46は来週に初のアルバムが発売され、夏には野外フェスティバルを含めた大規模のライブも開催する。「本当に全部埋まるのかな? と(笑)。フェスに出させていただくことがこの夏は多くて、ちょっと不安ですね

欅坂46のオーディションを受けた理由は「自分を変えたかった」からということですが、

実は人見知りで、人と話すことに苦手意識があったそうです。

平手友梨奈さんが中学2年生の時に、人見知りでクラスにも馴染めず、留学も考えていたほど。

その時に、たまたまテレビで見た「乃木坂46の<制服のマネキン>」でセンターを務める生駒里奈さんの表情と眼力の凄さに衝撃を受けたという話があります。

そこで、自分を変えるために芸能界に入ることを決めたそうですが、

決して、アイドルになりたいというわけではなかったそうです。

「きっとしゃべれば気の合う人がいる、その人を見つけたいという気持ちもあって。最初の一歩は自分から踏み出さなきゃだなって思って」と語っていました。

そんな平手友梨奈さんですが、見事、欅坂46に合格→卒業し、歌手としてソロデビューし女優で映画出演をしたり、最近ではダンスで話題を呼ぶほど、有名な方へと成長されています。

歌番組に出演した際に、ダンスを披露。その時、ネットはかなりザワつきました。その時の様子をこちらの記事にまとめています。

>>「平手友梨奈はダンスがうまい!コラボが感動!」

「自分を変える」という目的は十分、達成できていますね!

素晴らしい!!!

でも、控えめの性格はそのままのようですね。新しいあだ名を付けられちゃってます・・・「ケンソンさん」笑。

平手友梨奈のてちの由来まとめ

「平手友梨奈のてちの由来やデビューのきっかけの欅坂46を受けた理由」を調べてみた結果、

「てち」のあだ名の由来は、

ひらてちゃん → ひらてち → てち → てちこ

と、可変した結果できたあだ名でした。名付け親は同メンバーの齋藤冬優花さんでした。

デビューのきっかけは、欅坂46のオーディションを受け見事合格。このオーディションを受けた理由は「自分を変えたかったから」でした。

今後の成長も楽しみですね。

コロムビアミュージックエンタテインメント
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です