青山美郷の河童の特殊メイクで演技が凄すぎ!大江戸もののけ物語かっぱ役

青山美郷 河童 特殊メイク

青山美郷さんの河童役の特殊メイクが話題を呼んでいます。ドラマ『大江戸もののけ物語』に出演中の青山美郷さんの河童は特殊メイクによるビジュアルで、ドラマの視聴者は「大江戸もののけ物語のかっぱ役は誰?」「この河童すごい!」「かわいい!」と、絶賛の声です。

特殊メイクで青山美郷さんの可愛らしい顔は原型がなく、世間の興味は河童に?!

青山美郷の河童の演技が凄すぎ!特殊メイクで原型がない?!

若い可愛い女優さんなのに、顔の原型は全くないですよね。

河童の特殊メイクは全身で、完成までに4時間ほどかかるそうです。

顔も全体を覆ってるから食事など、大変だったとか。

同じく、妖怪役で特殊メイクをしている本郷奏多がインタビューで語っていました。

土器の模様が入った皮膚のようなものを、顔の下半分にペタペタと貼り付けたメイクで、毎朝2時間くらいかかってます。

ほかの共演者のみんなより早く現場に入って、横になって、ペタペタと触られて……(笑)。

朝早いしくすぐったいし「毎日これか……結構しんどいな」と思ってたんですけど、隣には河童というもっとすごい特殊メイクをしていらっしゃる仲間がいて(笑)。

河童さん(青山美郷)は全身なので、完成までに4時間くらいかかるんですよ。

顔も全体を覆ってるから食事とかも大変だったんじゃないかな。

そんな河童さんを見て、「こんなに頑張ってる人がいるんだったら僕は何も言えないな」と、勝手に勇気をもらっていました(笑)。

ザテレビジョン

青山美郷のかっぱの特殊メイクをみた人の感想

また、ドラマ「大江戸もののけ物語」をみた人は、河童をみて「この河童役は誰?」「この河童すごい」と絶賛です。

青山美里の高校・大学はどこ?学歴や経歴まとめ!出身校には数々の女優も

青山美郷のカッパの演技をみた人の感想

青山美郷の河童の演技をみた人からは、すごい好評価です。女優魂を感じさせられますね。

元々は、舞台女優の青山美郷さん。演技力の高さは他の俳優には負けていないでしょう。

青山美郷が舞台を降板したのは病気が原因?現在の仕事は?

大江戸もののけ物語とは

あらすじ

新海一馬の寺子屋はいつも「学級崩壊」状態。救ってくれるのは勝気なお雛の「みんな、先生の言うことを聞いて!」の一喝。剣術も不得手で取り柄のない一馬だが、ひそかに妖怪研究に打ち込んでいた。幼いころ蔵に閉じ込められた時、暗闇に潜む「異形の者」が一馬の危機を救い、妖怪の実在を信じるようになったのだ。

ある時お雛の様子がおかしいことに気づいた一馬は、廃屋の中でお雛が不思議な土器(火焔(えん)土器)に話しかけているところに遭遇する。一馬がお雛に渡されたまが玉を手にすると、土器が怪しく変容し、“天の邪鬼(じゃく)”と名乗る妖怪が突如現れた。肝を冷やす一馬だが、お雛は突然「死んだ母に会って、ひと言謝りたい」と自分の願いを明かす。一馬はお雛の願いをかなえるべく“天の邪鬼”やほかの妖怪たちと行動することになるのだが…!?

公式サイトより

ストーリー

寺子屋で教える新海一馬(岡田健史)は、気は弱いが心優しい旗本の次男坊。わんぱくな子どもたちに手を焼きながらも、気が強くおてんばなお雛(平尾菜々花)に助けられていた。そんな一馬は、幼少時に、家の蔵で奇妙なもののけと出会って以来、不可思議なものの研究をしていた。

ある時、一馬は廃屋の中で、お雛が不思議な土器に話しかけているところに遭遇する。お雛に渡されたまが玉を一馬が手にすると、土器が怪しく変容し、“天の邪鬼”と名乗る妖怪(本郷奏多)が現れた。驚く一馬だが、「死んだ母に会って、ひと言謝りたい」というお雛の願いをかなえるべく、“天の邪鬼”やほかの妖怪たちと行動することになる。

yahooテレビより

大江戸もののけ物語かっぱ役

大江戸もののけ物語では、青山美郷さんはかっぱ役ですが、他のキャストをご紹介します。

今年の、ブレイク俳優間違いない、岡田健史さんや、人狼ゲームで青山美郷さんと共演経験のある森川葵さんや本郷奏多さんと人気のある役者さんばかりです。

岡田健史

新海一馬 役

心優しく好奇心が旺盛な旗本の次男坊。寺子屋の師匠を務めるが、わんぱくな子どもたちの世話に手を焼いている。武家に育ちながらも武術と立身出世に疎く、父親にいつも叱責されている。幼少時に、家の蔵で奇妙なもののけと出会って以来、不可思議なものの研究をしており、あることがきっかけで出会った妖怪・天の邪鬼と、恐れを超えた好奇心ですぐに距離を縮める。

岡田健史のデビューのきっかけはスカウトで野球少年がなぜ俳優に?

本郷奏多

天の邪鬼 役

廃屋に放置された火焔土器から現れた妖怪。機知に富み、千里眼の力を持つが、事実と反対のことしか言えないひねくれ者。廃屋に呪縛されていて外界に出ることができないが、一馬が巻き込まれる事件を一緒に解決していく。解決するたび、土器に封じ込められた記憶を少しずつ思い出していく。

山田杏奈

およう 役

清庵寺の使用人。父を早くに亡くしており、母と幼い兄弟を支えるためにお手伝いに志願してきた。善意で読み書きを教えてくれた一馬を慕い、やがて恋をするように。

森川葵

猫又 役

一見美しい町娘だが、実体は猫の妖怪。人間の姿に変化することで、妖怪を見る力のない人間とも交流できる。いざとなると鋭い爪で立ち回る。容姿と態度に似合わず情は深く、一馬の実家・新海家と浅からぬ関係がある。

青山美郷

河童 役

天の邪鬼と一緒に現れた妖怪。お調子者でいたずら好きな性格。好物はきゅうりで頭の皿が乾くと弱る。水を自在に操り、井戸から井戸へ移動できる力を持つが、いざとなると戦闘能力は皆無で逃げ足が速い。

イッセー尾形

清庵和尚 役

一馬が勤める寺子屋の住職。幼少時からの一馬を知り、高く評価している。穏やかな性格の上に博識で、子どもたちの良き理解者。一方、一馬がもたらす不思議な事件にも臆することなく、妖怪たちとの因縁を感じさせる人物。

青山美郷の河童の特殊メイクで演技が凄すぎ!まとめ

青山美郷さんは、河童の特殊メイクでの演技が凄すぎ!大江戸もののけ物語かっぱ役ということで、青山美郷さんという女優をこのドラマで知った人は多いと思います。

元々は舞台女優の彼女。演技は舞台で鍛え上げられていて名だたる俳優にも演技の高さは負けていません。

この河童役をきっかけにドラマや映画で青山美郷を見る回数が増えること間違いないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です