ホワイトデーはクッキー?マシュマロ?キャンディ?その意味や注意すべき点

広告

バレンタインデーにチョコを貰えた人、嬉しさ反面、ホワイトデーのお返しに頭を悩ませていませんか?ホワイデーに、クッキーやマシュマロ、キャンディなどどれを返せば正解なの?意味は何?

今回は、そんな人のためにホワイトデーのお返し物の意味と注意すべき点を調べてみました。

広告

ホワイトデーとは?いつ?

ホワイトデーとは、一般的にバレンタインデーにチョコレートなどをもらった人(男性)が、そのお返しとしてクッキー、キャンディ、マシュマロなどのプレゼントを女性へ贈る日とされています。

2000年代以降の日本では、「義理チョコ」や「友チョコ」、「自分チョコ」などバレンタインデーに対する認識が変わってきていることから、ホワイトデーにも「義理チョコ」、「友チョコ」のお返しが行われるようになりこちらも変わってきています。

ホワイトデーはバレンタインデーの1ヶ月後の3月14日です。

ホワイトデーの由来・起源説

1970年代頃には、女性が男性にチョコレートを渡すバレンタインデーはすでに定着していましたが、貰った男性が特に何かをお返しするという日は特に定まっていませんでした。

そこで、日本の文化・慣習である「贈り物にはお返しをする」ということに、着目した全国のお菓子メーカーが、それぞれ独自の日を設定し、マシュマロやクッキーをお返しにするというキャンペーンを始めたのです。

そこに飴菓子業界の全国組合である、全国飴菓子工業協同組合が、「菓子業界の販売促進になるのでは?」と、1978年にホワイトデーのアイデアを思いついたそうです。そして2年間の準備期間の後にキャンペーンを展開したのが1980年のことでした。

ホワイトデーの起源には、諸説ありますが、その中でも有力なのは、昭和後半に日本の老舗菓子屋さんが、バレンタインデーのお返し用にマシュマロを売り出したことを起源とする説です。お返しがマシュマロであったことから、その当時は「ホワイトデー」ではなく、「マシュマロデー」と呼ばれていたそうです。その後は様々なお菓子屋さんが参入し、クッキーやキャンディなどを3月14日に向けて売り出すようになったと言われています。ちなみにホワイトデーを3月14日に定めた理由には、「日本で初めて飴が作られたのがその日であった」という説がありますが定かではありません。

広告

ホワイトデーの発祥は?

調べてみると、ホワイトデーの発祥は日本でした。日本から波及して、中国大陸や台湾、韓国など東アジアの一部でも見られるようになりました。欧米やオセアニア、アフリカなどその他の世界ではこういった習慣は見られないものなのです。

ホワイトデーのお返しのお菓子に込められた意味一覧

ホワイトデーに贈るお菓子の定番はいくつかあります。クッキー、マシュマロ、そしてキャンディです。また近年はホワイトデーのお返しとしてマカロンも人気です。しっとりした食感と、可愛らしいカラーバリエーションで女性に人気の高いお菓子です。

それ以外にもいくつかありますが、これらのお菓子には実はそれぞれ意味があるります。ここではそれらを紹介していきます。

お菓子意味
クッキーあなたは友達
マシュマロあなたが嫌いです
キャンディ・飴あなたが好きです
マカロンあなたは特別な人
カップケーキあなたは特別な人
キャラメルあなたは一緒にいると安心する人
バームクーヘンあなたとの関係が続くように
マドレーヌあなたともっと仲良くなりたい
チョコレート特別な意味はありません

これらの意味を理解した上で、いただいた方にお返ししましょうね。

広告

ホワイトデーのお返しの予算は?

ホワイトデーのお返しの予算は、お相手によって変わります。

妻や恋人へのお返しは5,000円ほど、家族や女友達、会社関係など義理返しは300円~2,000円が目安です。

男子中学生・高校生が彼女に贈るなら、奮発しても3,000円ぐらいまでにしておきましょう。

ホワイトデーのお返しにおすすめの物

ホワイトデーのお返し、お菓子以外にも何かないかな?なんて考えている人。

例えばこんなのはいかがでしょうか。いくつかご紹介しますね。

キーワードは〝自分じゃそう買わないけれど、もらうと嬉しい〟です!

ハンドクリームって人によって好みがありますけど、ロクシタンのハンドクリームならちょっと好みじゃなくても使う女性は多いそうです。

 お得なギフトパックもあるので、ばらして、お菓子とセットで渡して値段調整なんて使い方も。

もうひとつおすすめしたいのが「オーガニックのハンドクリーム」です。

女子って、オーガニックって言葉に敏感ですよね。

数あるオーガニックハンドクリームの中でも、ヴェレダは1000円台で買えます。コスパのいい義理のお返しにはおすすめの商品です。

コーヒーみたいに毎日飲むものこそ、意外ともらって嬉しいようです。しかもスーパーに売ってるようなインスタントじゃなくて、美味しいコーヒーショップのものならなおさらです。

地味に嬉しいのが、スタバのスティックコーヒーのギフトセットです。オシャレな缶に入ってて、珈琲ギフト感が全面に出てないのもいい感じです。

コーヒーときたら、紅茶のギフトもプレゼントしやすい贈りものです。

ジャム、ディップソースも人気なんですよ。

ジャムやディップソースって自分じゃなかなかお金をだして買わないもの。そして「無添加・シンプル・見た目も可愛い」とくれば鉄板です。

「甘いものは苦手」という女性に。

ホワイトデーのお返しでの注意点

意味を考えると本命彼女にはマシュマロやクッキーなどは絶対ダメです。たとえ男性がそう思っていなくても、女性に誤解や不快感をいだかせる可能性がありますから、控えるようにしてくださいね。

義理へのお返しの場合、相手の手元に残るようなものは、受け取る側に気を遣わせてしまうこともあるので、避けておきましょう。アクセサリーなどの身に着けるものは、やめておいたほうが無難です。

 女性から「わかってないなぁ、この人は」と思われないように細心の注意をしておきましょうね。

まとめ

ホワイトデーはクッキー?マシュマロ?キャンディ?その意味や注意すべき点を調べてみました。

マシュマロの意味が「あなたを嫌いです」という意味には驚きですね。

お菓子をプレゼントしようと思われている人は、お菓子それぞれの意味に気をつけて購入してくださいね。

ハンドクリームや、コーヒー、紅茶などは、女性だと誰もが一度はもらったことがあるプレゼントはきっと喜ばれると思います。

ぜひ今年のホワイトデーは、お礼の気持ちを込めて素敵なプレゼントを贈ってくださいね!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です