大谷翔平の身長が高い理由は遺伝?両親の身長や伸ばす方法を調査!

広告

MLBオールスターゲームの前夜祭のホームランダービーに出場することを表明した大谷翔平さん。

日本人初でさらにMLBの試合に投手として出場して、ホームランダービーにも出場するのは史上初のこと。

現地アメリカメディアからも「この惑星のものではない」と活躍を絶賛されていますが、大谷翔平さんがメジャーでも通用する大きな身長は遺伝なのか?や大谷翔平選手に憧れる子供たちの身長を伸ばす方法を紹介していきます。

広告

大谷翔平の身長が高い理由は遺伝?

今年のMLBの顔ともいえる大谷翔平選手は身長は193センチ、体重97キロと日本人離れした圧巻の体格です。

大柄で体の大きな選手が多いメジャーリーガーの平均身長は186.7センチなので、その中にいても引けを取らず目立つ存在です。

小学6年生の時にすでに167センチと同年代の平均身長145.2センチなのでひと際大きかったのがわかりますね。

今の体格からは想像つきませんが、意外にも幼少期は小食だったんだとか。

大谷選手のご両親はふたりともスポーツ選手だったので、心配だったでしょうね。

栄養のある食事と家族みんなで食卓を囲み、食事の時間を楽しい時間にするようにし大谷選手もどんどん食べるようになったんだとか。

家族みんなでの食事は大事なんですね。

高校時代にはなんと1日ごはんを茶碗10杯も食べてたんです。

また、睡眠も大事にしているそうです。

「寝る子は育つ」といいますが成長期には夜10時までに寝るようにすると成長ホルモンの分泌が活発になるんです。

身長や体重など、身体の外見の特徴は内的要因と外的要因がどちらも影響して「多因子形質」と呼ばれていて、特に身長は、多因子形質の中でも遺伝など内的な影響が強いといわれています。

【内的要因】 遺伝、ホルモン、代謝、神経系など
【外的要因】 栄養、感染、薬剤、情緒・精神的環境、運動、睡眠、文化・経済水準など

ですが、遺伝の影響は100%ではないです。両親が小さくても子供の身長が平均より高いことも、逆に両親が背が高くても子供は平均より低いこともあります。

背を伸ばすために必要なものは「睡眠と栄養」で科学的な根拠もあるんです。

「よく食べてよく運動しよく寝る」のは身長を伸ばす一番の方法なんですね。

引用元:Pfizer

大谷翔平の両親の身長は?

世界で大活躍の大谷翔平選手はご両親と兄姉がいますが、家族全員身長が高いのでしょうか?

日本人男性の平均身長:167cm大谷家の身長と言われています。それに対して大谷家の身長は?

お父さん 182cm
お母さん 170cm
お兄さん 187cm
お姉さん 168cm

社会人野球選手だったお父さん、バトミントン選手だったお母さんと家族みんな身長が高く、大谷翔平選手の背の高さや運動神経の良さは両親のDNAが関係しているのも納得ですね。

両親の影響で小学生の頃から周りと比較して身長が高かった大谷翔平選手。ただ背が高いだけではアスリートとしてこれだけの活躍はできません。

高校時代、日本ハムファイターズ時代と比べても年々体格が大きくなっているのがわかります。

肉体改造のために1日に7回の食事をし、さらには管理栄養士任せではなく、自炊をして、自分で自分の体を管理しているんです、本当にすごいですね。

広告

大谷翔平のように身長を伸ばす方法を調査!

大谷翔平選手の高身長は遺伝的な影響が強いのがわかりましたが、100%が遺伝要素ではありません。自分や自分の子どもに大きくなってほしいというのは誰しもが思うところですよね。

大谷翔平選手までとはいわずとも、身長を伸ばす方法はないか探ってみました。

身長を伸ばすために必要な4大要素

身長を伸ばす「内的要因」の成長ホルモンの働きを活発にするためには「外的要因」のコントロールや見直しが重要です!

1.栄養 2.運動 3.睡眠 4.日光必要な栄養素

タンパク質:筋肉の成長
カルシウム:骨を強くする
ビタミンD:カルシウムを腸から骨へと運ぶ
ピッタリな食品は「牛乳」と「さば缶」

適度な運動

  • 寝る前や起きた後に体を伸ばす
  • 立っている時間を増やす
  • 跳んだり跳ねたりして骨を伸ばす
  • 身体を動かし、適度な疲れで食事をしっかりとり、ぐっすり眠る

スクワットや縄跳び、自転車こぎ、鉄棒のけんすいがおススメ

睡眠

  • 身長は成長ホルモンの働きで伸びる
  • 成長ホルモンがもっとも多く分泌されるのが睡眠時
  • 成長ホルモンの働きが活発になる寝入った直後(深い眠りに入った時)に筋肉や骨を作る材料が体中に届いているためには夕食は寝る3時間前までに済ませる!

夜22時から深夜2時くらいが成長ホルモンゴールデンタイム

日光

  • 人間の体は日光を浴びると、ビタミンDが生成
  • ビタミンKはカルシウムを骨に定着させる働きがある
  • 外で日光を浴びながら運動すると骨の成長に繋がります
  • 1日30分外に出て日光浴

まとめ

世界で活躍する大谷翔平選手のように、ご両親が平均より身長が高いとその子供も身長は高い傾向にあります。

実際に身長の伸びは、個人差はありますが平均73%が遺伝が影響しているといわれていますが、絶対ではありません!

残りの約27%は、今回紹介したように食事や運動、睡眠などの生活習慣などの外的な要因が影響してきます。

今は補助食品のサプリメントや飲料もたくさんできているので、うまく取り入れながらまずは、

日光を浴びて運動をする、

栄養バランスの整った食事と規則正しい生活、

十分な睡眠をとっていくのがよさそうですね。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です