大阪王将冷凍餃子のカロリーと栄養成分に原材料は?アレンジ方法も!

広告

大阪王将の冷凍餃子がリニューアルされ、パリッと香ばしい羽根つき餃子が驚くほど簡単に作れるようになりました。今回は、大阪王将冷凍餃子のカロリーと栄養成分に拘りの原材料やアレンジ方法をご紹介します。

広告

大阪王将冷凍餃子のカロリーと栄養

大阪王将冷凍餃子は、およそ5分でプロ級の本格的な餃子が誰でも焼ける餃子です。

カロリー

大阪王将冷凍餃子たれ付餃子12個のカロリーは、229kcalです。

栄養成分

餃子1個(24.5g)あたり

カロリー46kcal
たんぱく質1.1g
脂質2.6g
炭水化物4.4g
食塩相当量0.3g

タレ1袋(10g)あたり

カロリー6kcal
たんぱく質0.3g
脂質0.2g
炭水化物0.7g
食塩相当量0.8g

原材料

香料、甘味料、着色料、保存料、化学調味料に頼らず、素材本来の美味しさを活かした「5フリー」商品となりました。

餃子

  • 皮(小麦粉(国内製造)、食用油脂、でん粉、食塩、小麦たん白)
  • 野菜(キャベツ、はくさい、にら)
  • 食肉(鶏肉、豚肉)
  • 豚脂
  • 食用油脂
  • パン粉
  • 粒状植物性たん白
  • しょうゆ
  • 砂糖
  • 食塩
  • おろしにんにく
  • おろししょうが
  • ポークエキス調味料
  • ゼラチン/加工でん粉
  • 乳化剤
  • pH調整剤
  • 安定剤(アルギン酸エステル)
  • 増粘剤(キサンタンガム)
  • グリシン、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

タレ

  • 醸造酢
  • しょうゆ
  • たん白加水分解物
  • 果糖ぶどう糖液糖
  • 食塩
  • ラー油
  • ぶどう糖
  • 唐辛子
  • りんご果汁加工品/増粘剤(キサンタンガム)、(一部に小麦・大豆・りんごを含む)
アレルギー物質

小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉
※魚介を使用していますので、魚介類が含まれています。

大阪王将冷凍餃子のおすすめの食べ方はコレ!

大阪王将冷凍餃子は、お鍋やスープや丼にアレンジして食べるのがおすすめですのでアレンジ料理をご紹介します。

餃子の味噌汁

だしも出て美味しい「餃子の味噌汁」。餃子は味がついた挽き肉と野菜が入っているので、だしも出ます。豚汁に入れるのもおすすめです。

餃子入り酸辣湯

ボリュームたっぷりのスープ「餃子入り酸辣湯」。いつものスープに冷凍餃子を入れるだけで、アレンジスープに早変わり!酸辣湯意外にも、コンソメやトマトベースも意外とマッチしますが、ミルク系スープは相性がイマイチでした。

卵とじ餃子丼

餃子が中途半端に余っちゃったという時ありませんか?

そんな時は、「卵とじ餃子丼」がピッタリ!ボリュームたっぷりで大満足の逸品です。

餃子キムチ鍋

こちらは、簡単「餃子のキムチ鍋」。いつものキムチ鍋に5分程冷凍餃子を煮れば食べられます。

広告

まとめ

大阪王将冷凍餃子たれ付餃子12個のカロリーは、229kcalでした。

原材料は保存料などの頼らず、国産に拘った原料で安心ですね。

冷凍餃子は色々アレンジできます。特にお鍋に入れると簡単でボリューミーな鍋に早変わりで、おすすめですよ!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です