白石聖はたらこ唇がコンプレックスだった?ドラムが趣味でバンドを?

白石聖さんといえば、厚みのあるぷっくりとした、『たらこ唇』がとても可愛らしくて魅力的です。透明感のある肌と元祖『唇美人』の石原さとみさんと似てると話題ですが、本人曰く、実はコンプレックスだったとか。

趣味はドラムでバンドを組んでいたという情報も!調べてみました。

白石聖はたらこ唇がコンプレックスだった?

白石聖さんの唇は、石原さとみさんを思い出すほどよく似ています。

いつか、石原さとみさんと白石聖さんが同じドラマや映画で共演された際には、そっくりでどっちかわからないのでは?なんて想像してしまいます。

白石聖さんの唇が、フューチャーされていた過去がありました。

ポケモンカードゲームの「唇」編というCMに出演されていました。

そのCMでは、

公園でポケモンカードゲームのパックを開封する男子中学生を見つけて

「あー!」と自転車を放り投げ、「すごいね……GX」の一言で、

男子を唇に釘付けにする女子高生を演じました。

現在の白石聖さんは走り方が独特で世間をざわつかせていますが、

ブレイク前から、唇がフューチャーされ、さぞ喜んだのでは?と思いきや、

実は自分の唇が嫌いだったという白石聖さん。

当時のインタビューで、「自分の唇は、チャームポイント?」と質問された白石聖さんは、こう答えていました。

「えーっ!? チャームポイントとは思ってないし、むしろ『イヤだな』と思う部分です。CMでは唇に焦点を当ててくれたから、開き直った感じでした。そもそも自分の顔があまり好きじゃないので……」。

HUSTLE PRESS

なんと、自分の唇は、チャームポイントどころか、『イヤだな』と思う部分だそうです。しかも、こんなに可愛いのに自分の顔はあまり好きじゃないと。

一体、どんな顔だったら満足なのでしょうか?という位、羨ましい顔立ちですけど。

そんな白石聖さんは、キスシーンも話題を呼んでいます。

白石聖の唇の魅力

白石聖さんの魅力は透明感のあるお顔立ち。

その他にもたくさん魅力がありますが、やはりぷっくりとした『たらこ唇』がとっても魅力的です。

その唇が気になって話が入ってこないほど。

可愛い白石聖さんの唇をみてみましょう。

可愛い!!!

こんな顔に生まれたかったと思った人も多いかと。自分の顔が好きじゃなかったなんて、なんと贅沢な悩みだったと思いますよね。

白石聖はドラムが趣味?

中学時代は吹奏楽部でドラムをやっていた

白石聖さんのプロフィールに『ドラム』と書かれています。ドラムが出来るなんて意外だなと思い、調べてみると、中学時代の部活動は吹奏楽部に所属されていたそうです。

担当は、ドラムなどの打楽器をされていたということです。

でも、現在は「全然触っていないので叩けないと思う」ということです。

高校時代は軽音楽部でギターをやっていた

白石聖さんは、高校へ進学すると、軽音楽部に所属していました。

中学では、吹奏楽部で高校では軽音楽部と音楽大好き少女だった白石聖さん。

実は、バンドを組んでいた経験もあるそうです。でも、残念なことにすぐに解散してしまったそうです。

その時に、担当していたのは、ギターだったそうです。

「なぜ、ドラムじゃない?!」

と思い、さらに調べてると、

本当はドラムがやりたかったけど、中学から一緒の吹奏楽部で打楽器をやってた友達が「ドラムやりたい!」って最初に言ってたので、ドラムはその子に譲り、白石聖さんは、ギターを頑張ろうって思ってギターを担当していたそうです。

その時は、MONGOL800BUMP OF CHICKENのコピーバンドをされていたそうです。

白石聖さんが、いつの日か、ドラムやギターを弾く役がきた時が楽しみです。

白石聖とAKBの関係とは?

白石聖さんのことを調べていくと、『AKB』というのが出てきます。

白石聖さんのことを知らない人は、

「えっ?白石聖さんて元AKBだったの?」

と、思いがちです。

実は、白石聖さんは、2016年に女優としてデビューしています。

その時のドラマが、『AKBラブナイト 恋工場』というタイトルから、白石聖さんを調べると『AKB』と出てくるようです。

AKBにいてもおかしくはないので、勘違いをする人もいると思いますが、AKBのメンバーではありませんでした。

まとめ

白石聖さんは、たらこ唇が魅力的な女優さんです。他の人からすれば魅力でも本人は好きじゃなかったそうです。でも、今は受け入れているようです。

白石聖さんは、実は、音楽大好き少女でした。中高と音楽部に所属して、バンドを結成していました。今ではドラムが趣味でギターも弾けるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です