ビュッフェ・ブッフェ・バイキングの違いって何?発祥や形式にマナーも紹介!

食べ放題を意味する言葉に「ビュッフェ・ブッフェ・バイキング」がありますが、その違いはどこにあるのか?について、ご紹介します。

先ず、ビュッフェとブッフェはフランス語を語源としていて同じ意味で使われていますが、「セルフサービスの立食形式の食事スタイル」を意味しているため、食べ放題を意味している訳ではありません。

私たちがよく使っている、いわゆる食べ放題を意味するのは和製英語の「バイキング」のみですが、バイキングが食べ放題の意味で理解されているのは日本だけなので、海外や外国の方には通じないと理解しておく必要があります。

その他、気になる食べ放題のマナーについてもご紹介します!

ビュッフェ・ブッフェ・バイキングの違いは?

ビュッフェ・ブッフェ・バイキングの違いって何?

ホテルやレストランで好きなものを選んで食べる形式を意味する言葉に、「ビュッフェ・ブッフェ・バイキング」がありますが、実はこの言葉全て同じ意味で使われている訳ではないんです。

場所やシーンによって明確な使い分けが出来ていれば、日本のみならず世界中どこに行っても恥ずかしい思いをすることもありません!

ということで、先ずはそれぞれの言葉の違いや発祥についてご紹介していきます。

ビュッフェとは

日本ではビュッフェと聞くと「食べ放題」の食事を思い浮かべますが、実は海外では「ビュッフェ=食べ放題」という図式は当てはまらないことの方が多いんです。

そこにはビュッフェという言葉の語源が関係していると言えます。

ビュッフェの発祥はフランス

ビュッフェの語源はフランス語から来ています。

ビュッフェ(buffet)とは、必ずしも食べ放題を意味している訳ではなく、フランス語で「飾り棚」を意味しています。

「棚に並べられた料理を各自取り分けて食べる立食形式の食事のこと」をビュッフェと言い、そこから「好きな物を選んでお会計をする、セルフサービスの立食形式の食事のこと」という意味に派生しています。

もちろん自分で選んで食事を取りに行き、着席して食事を楽しむスタイルであっても、セルフサービスで食事をする点に着目してビュッフェと言う事も出来ますが、厳密には立食スタイルの食事のことをビュッフェと言うそうです。

このように本来ビュッフェには日本で使われている「食べ放題」という意味はないので、特に海外で食べ放題を楽しみたい場合には注意しましょう

ブッフェとは

ビュッフェとよく似ている言葉に「ブッフェ」があります。

実はブッフェはビュッフェと同じ言葉で、違いは「どちらで発音するか」ということのみなので、ビュッフェ=ブッフェのことだと理解しておきましょう。

バイキングとは

バイキングとは、まさに私たちがよく使う「食べ放題」のことです。

バイキングとビュッフェの一番の違いは、バイキングであれば好きなものをたくさん食べても金額に変わりはありません(定額料金)が、ビュッフェの場合は選んだ料理の数によって金額が変わることがあります

また、バイキングは基本的には着席スタイルの食事で、ビュッフェは立食形式の食事という点でも違いがあると言えます。

バイキング発祥は日本

バイキングという言葉は日本で命名された、いわば和製英語のため海外では通用しません。

バイキングの意味は、「テーブルに並べられた料理を好きなだけ食べる食事スタイルのこと」です。

日本で最初にバイキングを行ったのは帝国ホテルで、1957年に当時の社長が旅行先のデンマークで見かけた食べ放題のサービスを日本に持ち込みたいと考えられたことがきっかけと言われています。

基本的には国内のみでしか通じませんが、日本人観光客が多い場所ではバイキングを食べ放題という意味で使っている場合もあるようです。

ただし海外で食べ放題を楽しみたいと思った時は、「all you can eat」もしくは「all you can eat restaurant」という言葉を目印に探してみると、お腹いっぱい料理を楽しむことが出来ると思いますよ。

ビュッフェ・ブッフェ・バイキングのマナーを紹介

マナー

食べることに夢中になってついついマナーのことは忘れてしまいがちですが、食べ放題にもマナーがあるんです

マナーを知っておけば、リッチなホテルの食べ放題もより一層楽しむことが出来るはず!

料理は前菜から

好きな物を楽しむ食べ放題であれば、好きな物から取りに行きたいと思いますが、そこはグッと堪えて、先ずは前菜からスタートしましょう

食べ放題の料理が並ぶテーブルには、前菜・スープ・メイン・デザートのいわゆる「コース料理の順番」で並べられていることが多いので、料理を取る際もこの順番で取っていくとマナーの面でも好印象です

例えば「先ずは前菜だけを取り、食べ終わったらスープを取りに行く」というように、コース料理の順番通りに取りに行くと上品な印象を与えることも出来ます

残さず完食する

お皿に載せている料理は、残さずに全て食べるようにしましょう

これは食べ放題に行く上で一番大切なマナーとも言えます。

食べ切れない量の料理を一度にお皿に載せるのではなく一皿に数品を取るようにすると、何よりもお腹と相談しながら食べ放題を楽しむことが出来ますよね。

また食べ放題を楽しんでいるの他の方々のためにも、少しずつ料理を取ることは大切なことですよね。

何度も料理を取りに行くのは面倒に思うかも知れませんが、フードロスを減らすためにも「食べられる量を美味しく食べること」は、とても大切な意識です。

お皿は新しい物を使う

料理を食べ終わって次の料理を取りに行く際は、新しいお皿を使うようにしましょう

何枚もお皿を使ってもいいのかな?と思うかも知れませんが、汚れたお皿の上に別の料理を載せてしまうと料理の味も混ざってしまいますし、汚れたお皿を持ち歩くのは不快に思う人もいるので、新たな料理を取りに行く時には新しいお皿に交換しましょう。

また食べ終わったお皿は重ねずにテーブルの端に寄せておくことで、スマートに見えますよ。

ビュッフェ・ブッフェ・バイキングの違いまとめ

食べ放題を表す言葉に、「ビュッフェ・ブッフェ・バイキング」の三種類がありますが、厳密には異なる意味で使われています。

ビュッフェとブッフェは「セルフサービスの立食形式の食事」を意味していて、フランス語を起源にしています。

また、好きなものを好きなだけ食べることが出来る、いわゆる食べ放題を意味するのは「バイキング」という和製英語のみで、バイキング=食べ放題という図式が成立するのは日本だけで海外や外国の方には通じないと考えた方がよいでしょう。

なお、食べ放題にもマナーはもちろんあるので、マナーを心得て行くとより一層食べ放題を楽しむことが出来ます。

言葉の違いやマナーを理解して、食べ放題の時間を素敵なものにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


11 + 5 =